RikaTanの最近のブログ記事

こんにちは、みなさん。          おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

他のブログでご報告したので、こちらでも。
KUBOさんがお手伝いしている雑誌で、『光のジュース』の実験の発展したものや、
偏光板の実験を掲載しました。

それを読んだ方が、実験されて、画像をアップしてくださったので、そのご報告です。

他のブログのままなので、ちょっと顔文字が多いです。<(_ _)>

=====================

今日は、
季刊 理科の探検 RikaTan 別冊 8月号 ~丸ごと自由研究特集号~ の
『光のジュースで、白色光を比べて、見よう!』 の実験を実際に実験され
た方のご紹介です。(*^・ェ・)ノ コンチャ♪

こんな素敵な画像をFBの方に、アップしてくださいました。
d('-^o)☆スペシャルサンクス☆(o^-')b

★★★

315375_323913394366414_80368401_n1

加法混色の教材研究

皆さんは加法混色ってご存知でしょうか?光の三原色(赤・緑・青)を組み合
わせて様々な色をつくれます。しかも、インクや絵の具を混ぜてつくる減法混
色とは違い、混ぜれば混ぜるほど明るくなります。パソコンのモニタ画面表示
や、WEBデザインでも加法混色が基本になっています。でも、(減法混色は
小中高の美術で絵の具を使いながら覚えるけど)加法混色の原理って体験
的に学びにくいような気がします。例えば、光の赤色と緑色を混ぜると黄色、
さらに青を混ぜると白!?美術や情報の教科書で必ず紹介されるような基
本中の基本だけど、分かりにくいのではないでしょうか。
そこで、簡単に加法混色を体験できる「光のジュース」を最近知り合いにな
った方に教えてもらい、実験中です。科学実験みたいで面白い!

さらに、これをヒントに基礎造形を学ぶ教材、そして造形作品に発展
できれば...成果は後ほど!

画像とコメント:高橋延昌氏

★★★

とってもきれいですね。('∇^d) ナイス☆!! これからさらに発展させてくださるよう
です。どうぞご報告もお願いいたしますね。パチ☆"(p´Д`q)""(´pq`)"☆パチパチッ

他の方からも、この画像には、『いいね!』がいっぱいつきました。また、
うっとりするほどきれいですね。今年の夏休み、我が家でもチャレンジ
してみようかと思っています
。」なんてコメントも。('-'*)アリガト♪

実は、この『光のジュースの実験』は、KUBOさんがお手伝いしている、
RikaTanの創刊号の表紙になっていて、

P1030075

2007年7月号に掲載されています。
今回の自由研究号の『光のジュースで白色光を比べて、見よう!』は、それをさらに
発展させたもので、こちらで、関連の実験や光のジュースの原稿を公開しています。

http://tsukuba-ibk.com/omosiro/post-3.html

また、実験道具もご提供しているので、ぜひ、アクセスしてみてくださいね。
(。・"・。)ノ チャオ♪
すでに実験道具をご購入いただいた方もいらっしゃいます。

この実験は、自分でやってみて、いろいろ楽しんでねって感じですが、
こちらでは、RikaTan好評連載の『光と色と』さんが、
光と色の3原色 色が見える仕組み(7)』として、きちんと解説してくださっています。
どうぞご覧になって、理解を深めてくださいね。

http://optica.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-ab6f.html

ってことで、高橋さんから、また、報告がありました。こちらをどうぞ。

http://tsukuba-ibk.com/omosiro/2012/07/post-189.html

こんにちは、みなさん。          おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

KUBOさんがお手伝いしている、大人向け理科雑誌 RikaTan:理科の探検 2011年5月号計る!測る!量る! 離れて高さや距離を測る』では、つくば市で活動されている、芳賀和夫(ハカセ)先生に執筆していただきました。

  • つくばの国土地理院構内に、測地観測塔がすっくと立っている。国土の精密測量の中心機関で手作りの簡単な道具と方法によって測量の真似ごとをするという、ちょっとパロディーめいた活動には、格好の目標物である。

として、子どもたちとの観測塔の距離を測る活動です。

その本年度分の活動が、あったので、国土地理院に伺いました。ここでは、その講義で紹介された、伊能忠敬時代の測量に使った道具をご紹介しますね。

原稿については、こちらをどうぞ。

  • 間縄:1間ごとに、印がついています。
  • 水準器

P1080609

  • 水準器は、手前の3つのへこみには、小さな穴があり、そこから奥の隙間の間にあるひもを覘きます。

P1080613

  • 小象限儀:道路の勾配を測るものであり、割円八線対数表により道路の斜距離を平面距離に変換するために利用されたものです。(下記説明より)

P1080605

  • 立てると、自然と針がふれます

P1080615

P1080606

  • 量程車です。解説は、↓

P1080607

  • がたがた道では、使いずらかったらしいです。

P1080610

  • わんか羅鍼です。解説は、↓

P1080608

このような道具を、簡単な道具で手作りして、測定をする原稿だったのですが、最初にご紹介した、こちら の最後には、てきと~にやってみた実例も載っているので、春めいてきたので、近くの公園の時計台とか、大きな桜の木とかでトライしてみてくださいね。

あなたの街のRikaTan的スポット

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

この写真、なにか、感ませんか?('_'?)...ン?

P1030946

「不気味に並ぶ、街路樹トウカエデ・・・」( ▽|||)サー

まるで二本の樹が寄り添うように植えてありますね。

実は、この街路樹の並びは、『つくば方式』といわれるそうで・・・φ(^∇^ ) メモナノラ

Tukubahoushiki

こちらからご覧ください。

たくさんの街路樹についても、写真入りで、解説してあります。

「森林の中にいるような気になれる」という意見もあるとか・・・

みなさんの町では、いかがですか?

P1030966

まあ、きれいに並んでいますね。(ノ゚∇゚)ノ⌒☆才Ξ⊃゛├☆でも、自然界のほうが、乱雑だったりして。ヾ(ーー )ォィ

最初の写真の青い標識には、『地質標本館』とあります。

この道をず~~と行くと、、『国立科学博物館筑波実験植物園』もあります。

RikaTan的要素満載です。

以前は、写真の場所の先から、これが立っているのが見えたのですが・・・JAXAさんです。

P1030960_2

H-IIロケットの実機です。(*゚▽゚)ノ 50mあります。以前は、外から見えていたのですが・・・横になっちゃった。/(´o`)\オーノー!! 近くには、スペースドームという、見学可能な展示施設があります。遊びに来てね~。ホントウハ、ムカシノホウガ、ケンガクガタノシカッタ・・・

みなさんのまわりに、『RikaTanの目で見るとなんか面白いぞ!』というスポットがあったら、どうぞコメントくださいね。m(▼皿▼)m ヨロシュウ!

【おまけ】

RikaTanとは、理科の探検ということです。(*^_^*)

時を刻む

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。  おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

今年は、どんな年でしたか?

KUBOさんは、大人向け理科雑誌RikaTan:理科の探検という雑誌のお手伝いをしています。

そのブログもやっているのですが、そのブログの今年最後の記事の一部を下記に置きます。

来年は、よい年になるといいですね。

======================

今年は、いろいろなことがありましたね。

Photo

以前お知らせした、こちらの時計は、今、どうなっているのでしょうか?

2

子ども達は、どうしているのでしょうか?

         写真:田中一樹

被災された方々のことを、これからも思って、新しい年を迎えていけたらと思います。

上記写真の記事は、こちらです。

201110_12_11_e0142611_8563138

虹の足です。むこうには、何かいいことありそうですよね。=^_^=

写真:wisdom96さんに頂きました。

良いお年をお迎えくださいね。▼*゚v゚*▼テヘッ 理科子

12月10日は、皆既月食

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

ちょと寒くなってきましたね。

 

12月10日は、皆既月食です。

土曜日だし、みんなのおうちからも、見られるよ。

ちょっと遅いけど、おうちの方と一緒に、寒くないようにして、楽しんでね。

こちらに、記事をアップしているので、どうぞ。

こんにちは、みなさん。おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

昨日は、東小まつりにたくさん来ていただいて、ありがとうございます。

今年は、とってもにぎやかで、実は、KUBOさんが用意した、無料の、工作道具は、

午前中になくなってしまいました。

なので、あわてて、用意して(^^ゞ

 

今回は、展示物の一つ、光と色の3原色を、ご紹介しますね。

中身は、こんなものです。

P1060977.JPG

使っている材料とか、使った状態とかは、KUBOさんが別に書いている、こちら からどうぞ。

光る鉱物

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

こんなものを見せていただきました。

P1060750-1.JPG

『放射能鉱物標本9種』です。こちらから、ご覧下さい。

【お知らせ】

もうすぐ東小まつりです。10月29日(土)10時からつくば市立東小学校で開催されます。

いろんな科学グッズや、展示物を置いてます。遊びに来てね。

これは、国際科学フェスティバルに参加している企画で、一部にアイラブつくばまちづくり補助金の支援を使って行います。

こんにちは、みなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

KUBOさんが、お手伝いしている、大人向け理科雑誌 RikaTan:理科の探検 2011年 9月号と10月号は、『自然エネルギー大国への転換を考える 前編・後編』でした。

10月号では、(独)科学技術振興機構理事長。日本学術会議東日本大震災対策委員会「エネルギー政策の選択肢分科会」委員長。である、北澤宏一さんと左巻編集長の対談が、掲載されています。

KUBOさんも、同席させていただいたのですが、とても有意義な対談でした。

 

北澤さんの「エネルギー政策の選択肢分科会」では、「日本の未来のエネルギー政策の選択肢に向けて~電力供給源に係る6つのシナリオ」という提言を取りまとめられました。

・・・

本分科会の中間提言(2011 年 6 月)で提示した「電力供給源に係る6 つのシナリオ」 

A 速やかに原子力発電を停止し、当面は火力で代替しつつ、順次再生可能エネル
ギーによる発電に移行する。

B 5年程度かけて、電力の30%を再生可能エネルギー及び省エネルギーで賄い、
原子力発電を代替
する。この間、原子力発電のより高い安全性を追求する。

C 20年程度かけて、電力の30%を再生可能エネルギーで賄い、原子力発電を代替
する。この間、原子力発電のより高い安全性を追求する。

D 今後30年の間に寿命に達した原子炉より順次停止する。その間に電力の30%を
再生可能エネルギーで賄い、原子力による電力を代替する。この間、原子力発
電のより高い安全性を追求する。

E より高い安全性を追求しつつ、寿命に達した原子炉は設備更新し、現状の原子
力による発電の規模を維持し、同時に再生可能エネルギーの導入拡大を図る。

F より高い安全性を追求しつつ、原子力発電を将来における中心的な低炭素エネ
ルギーに位置付ける

・・・
 
本報告は、日本学術会議憲章 1 の規範と精神に基づき、東日本大震災に続く東京電力福島第一原子力発電所事故後の困難な現状を抱える日本社会に向けて発出するものであり、さきの提言の内容である日本のエネルギー政策の選択肢(6つのシナリオ)を、その基礎となる要素の検討や試算とともに具体的に提示することを目的としている。シナリオには、視野を拡げるため、また公平性を期するためにも、極端とも見えるケースも敢えて含めた

これらのうちどのシナリオを選択するかは国民の意思に基づく政策の判断であり、日本の学術を代表する公的機関である日本学術会議としては、現時点でその選択の方向を示そうとするものではないどのシナリオにも、大きな問題点や解決すべき困難がある。またその予測においても、科学的に見通せない不確かさが存在する。それらを含め、それぞれのシナリオについて広く国民や政策担当者が考え、問題点や課題を共有することが、本報告の目的である
  以下に、これらのシナリオを考え検討する上で重要となるエネルギー選択のポイントを示し、国民の議論に寄与したい。

・・・

(エネルギー政策の選択肢に係る調査報告書より 久保が抜粋・太字下線も久保が入れました)

本当は、RikaTan10月号を読んでいただくといいのですが、上記は、こちら に掲載されています。大変長い資料ですが、難しい言葉もなく、読んでいただけると思います。

RikaTanブログでは、 こちら からご紹介しています。動画もあります。

こんにちは、みなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

以前、ご紹介した、イマドキのトンボでご紹介した、『イマドキのバラ』

 

P1040486.JPG

どうして、先が赤いのでしょう?ちょっとお勉強してきました。

こちらから、どうぞ。

こんにちは、みんさん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

最近(ちょっとすぎましたが、)こんな花、よく見かけますよね。

P1060205.JPG

ちょっと間違えそうな花もいくつかあります。

こんな花は見たことがありますか?ワタの花です。

P1060343.JPG

これもちょっと似ていますね。

こちらに書いてみました。

こんにちは、みなさん。おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

もうすぐ、土浦の花火大会ですね。

花火って、どうやって、あのきれいな色を作っているんでしょう?

こんな写真も撮ってみました。

 

P1060067.JPG

こちらで、少し解説があります。

どうぞ。

ピアノの調律・中身拝見!

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

ピアノの中って、のぞいたことがありますか?

ピアノの調律をしていただいたので、ちょっと覗かせていただきました。(^^ゞ

 

P1040891.JPG

他にもいっぱい写真を撮ってみました。(^^ゞ

こちらから、どうぞ。

こんにちは、みなさん。      おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

ドクターイエローってご存知ですか?

見ると幸せになれるって、都市伝説もあるそうです。=^_^=

こちら。

 

IMGP2747.JPG

Nゲージを使って、ちょこっと解説しているので、

 

 

P1040774.JPG

こちらから のぞいてみてね。

学校始まったね。=^_^=

ミニ雷モデル

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

最近は、豪雨とともに雷も、すごいですね。

地震かと思っちゃったこともあります。

圧電素子(使い捨てライターなんだけどね)を使って、こんな動画を撮ってみました。

ちょっぴり音もします。

動画の編集方法が、よくわかってないので、見えにくいので、画面を見やすくして、見てね。

詳しい解説は、こちらから。

 

燃料棒とモニタリングポスト

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。    おもしろ?ふしぎ?実験隊です。

 

いろいろ話題に出てくる 燃料棒 モニタリングポスト

いったいどういうものか、イメージつきますか?

展示物ですが、写真を撮ってきましたので、こちら からどうぞ。

P1040293.JPG

JALの尾翼

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

夏休みは、いかがお過ごしですか?

空港に行ったら、いろんな飛行機がいるよね。

JALの尾翼について書いてみました。こちらから

古いマークについても書いてるよ。=^_^=

P1040601.JPG

ボーイング787についても、中で書いています。

夏バテしないようにね。=^_^=

イマドキのトンボ

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。      おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

こんな 逆立ち?トンボ見たことありますか?

IMGP1165.JPG

このほかにも、周りをよく見て見ると、夏休みの自由研究ネタになりそうなことが起こっているかも。

こちらに ちょっと書いていました。=^_^=

イマドキのバラ』 や 『立ち上がったハゼラン』 や 『筒状のシソ』などの話もあります。

夏休み、元気に過ごしてね。

 

自由研究ネタ:RikaTan

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

KUBOさんがお手伝いしている、RikaTanブログで、

今、自由研究について、アップしています。(2011年7月20日現在)

こちらからどうぞ。

【自由研究 RikaTanブログ】でもいいし、のぞいてみてね。

こんな写真や

 

IMGP1217.JPGこんな動画も入れています。音量を大きくしてみてね。

 

つくば方式ってなに?

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

『つくば方式』ってご存知ですか?

こういうものです。(^^ゞ

P1030946.JPG

この『トウカエデの街路樹の並び方』なんか、感じませんか?

こちらに書いていました。=^_^=

扇風機と風船で遊んでみた

| コメント(0)

こんにちはみなさん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

最近の扇風機って、いろいろありますよね。

ちょっと遊んでみました。

 

あんまりたいしたことではないのですが・・・

こちら に紹介した、ダイソンのは、すごいですよ。

使ってるr数が違うもんね。(≧ヘ≦) ムゥ

 

スミア

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

先日のこの写真の動画  こちらのネタですが...

P1030656.JPG

『スミア』ということが原因のようです。

こちら に少し、書いてみたので、見てみてね。=^_^=

 

強磁性体セット

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

なんだか、ちょっと難しそうな、タイトルですが...

KUBOさんがお手伝いしている、

大人向け理科雑誌 RikaTan:理科の探検で、磁石についてやり取りがあったので、

おもしろいネタの紹介でもあります。

こんな動画も撮ってみました。

こちらからのぞいてみてね。

 

こんにちは、みなさん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

これって、なんだと思います?

 

こちらに書いてみました。のぞいてみてね。

こんにちは、みんなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。 

P1030575.JPG

この五百円硬貨の違いわかります~~?

500の「0」の違いだけではないですよ。

こちらからどうぞ。=^_^=

透明人間になるおはなし

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

以前、『不思議な鏡』についてご紹介しましたが、

今日は、『透明人間になるおはなし』について、ご紹介しています。

これは、お遊びバージョン。

P1040227

こちらからどうぞ。

ラジオメーターと雲母

| コメント(0)

 こんにちは、みなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

ラジオメーターってご存知ですか?

テレビやラジオの『ラジオ』ではなく、放射線という意味の『ラジオ』です。

筑波山にいっぱいある、『雲母』と関係があるんですよ。 

P1090271.JPG

こちらからどうぞ。

不思議な鏡

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

これっってなんだか、変だと思いません?

kagami1 - コピー.png

もっと、上等な動画も紹介しています。

こちらからどうぞ。

液状化現象とキット

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。     おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

震災で、『液状化現象』という言葉を聞きますね。

つくばの方なら、『エッキー』をご存知の方も多いのでは?

こんな画像を入れて、地震について紹介しているサイトもご紹介してみました。

 

KUBOさんがお手伝いしている、大人向け理科雑誌 RikaTan:理科の探検 のブログです。

ちょっと書いてみましたので、こちらからどうぞ。

こんにちは、みなさん。  おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

昨日、『一家に1枚ポスター』 をご紹介しましたが、KUBOさんがお手伝いしている大人向け理科雑誌 RikaTan:理科の探検 でも、『こんなにある入手可能な周期表』という記事をご紹介していました。

周期表について、お勉強できるし、いろんな周期表を見ることができるので、ぜひ、寄ってみてください。

こちらから =^_^=

一家に1枚ポスター 

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

皆さんは、一家に1枚ポスターってご存知ですか?

こんなのです。

 

P1030323 - コピー.JPG

これは、ずっと以前のものですが、本年度は、

「一家に1枚 磁場と超伝導」

KUBOさんがお手伝いしている、大人向け理科雑誌 RikaTan:理科の探検のブログで、

詳しくご紹介しているので、見てみてね。(^_-)-☆

こちらから。

つくばでは、もうすぐ、研究所の一般公開がありますね。そこでも、もらえるよ。=^_^=

本年度は、規模が縮小されるようですが、被災して使えない研究所だったらしょうがないけど、

自粛ムードで公開されないっていうのがなければいいよね。

KUBOさんは、自分が具合が悪くなっちゃって、この時期何もできなかったので、

せめてもと思い、福島の先生に実験道具を送ってみました。

今はまだ、バタバタでしょうが、子どもたちと実験工作やれる時間が取れるようになると、いいなと思います。

 

ではね。(^_-)-☆

 

放射線と放射能の基礎知識

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。  おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

地震のほうは、いかがでしたでしょうか?

地震と同じくして、私のほうが体調を崩し、ブログを書けずに、申し訳ありません。

5月の連休明けから、また、実験教室などの活動を再開していこうと思います。

 

地震のことで、とてもいい言葉を知りました。

『・・・私たちは微力だけど無力ではない・・・』 ここ に書いていますので、

どうぞご覧下さい。

また、KUBOさんがお手伝いしている、大人向け理科雑誌:RikaTanでは、

以前、放射能と放射線について特集をしたこともあり、

放射線と放射能の基礎知識の記事を、無料公開しています。

ここ からご覧ください。

 

では、みなさんも、いろんな面で、地震の爪痕を抱えてらっしゃるのではないでしょうか?

どうぞ、ご自愛くださいね。

RikaTan 理科の探検 のブログ

| コメント(0)

こんにちは、元気にしてますか?

 

もうすぐクリスマスですね。=^_^=

 

ちょっと宣伝です。ごめんね。

KUBOさんがお手伝いしている 大人向け理科雑誌 RikaTan 理科の探検 の

ブログができました。(^_-)-☆

http://rikatanrikatan.cocolog-nifty.com/blog/

376.jpg

RikaTanの記事を、もっと楽しく読める、ブログです。

RikaTan委員が作っているのですが、KUBOさんも、お手伝いしています。

 

のぞいてみてね。(^^ゞ

例えば

RikaTan貧乏

壁紙プレゼント

マダニの写真

カルメ焼きの動画

とかあります。(#^.^#)

 

 

美玉螺旋筒の原理って?

| コメント(0)

来週(2010年12月13日)やる実験教室の工作の資料を作っていて、

ちょっと考えたことがあったので、書いておきます。

 

KUBOさんがお手伝いしている RikaTan:理科の探検2008年6月号で、

美玉螺旋筒という、万華鏡の紹介がありました。

それは、透明な筒にビニルテープを巻いて、中にビー玉を転がすと、

きれいな模様が見えるというものです。

小林朝美さんの作品です。

http://www.mangekyou-club.com/mangekyou/grandprix/grandprix5/idea/index.php

とてもきれいで、簡単で、材料費もそんなにいらないので、

ネットでも、取り上げられているようです。

 

今回の工作では、どうしてもようが見えるのか、考えてほしかったので、

コピー用紙に自分で絵をかいて、考えてもらおうと思っています。

楽しみにしていてね。(^_-)-☆

 

KUBOさんは、最初、ビー玉に筒の模様が映るためだと思っていました。

漠然と、全反射とか・・・(^^ゞ

でも、作図してみると、そうではないようで。。。

ただ単に、というか、

ビー玉が、レンズの役割をしていて、映っているというより、

見えているといったほうが、正しいんじゃないかな?と思っていることろです。

上記のサイトでは、「動きまわる"美玉'に映し出されるテープの色が・・・」と

微妙な書き方ですが、

RikaTanでは、すべて、ビー玉に映る・・・というような

書き方だったので、ちょっと違うんじゃないかな?と思っています。

今回KUBOさんが作った資料は、下記です。

b-damamanngekyou.jpg

 美玉螺旋筒は、とっても簡単で、きれいな工作です。

KUBOさんは、レンズについては、ちょっと苦手で、作図なんて、

意味があるのかな?って、ずっと思っていました。

でも、作図すると、ちゃんとわかってきます。

(この資料の図は、本当におおざっぱですが)

意外と、原理まで深く考えずに、工作だけやっちゃうことってあるんですよね。(>_<)

では、来週、楽しみにしていてね。=^_^=

みなさん。あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

このブログにしては珍しく、まったく、個人的なことですが。。。

大学の剣道部の時の先輩で、高校の先生をしていらっしゃる方から、

年賀状を頂きました。なんと、

「学校の図書館でRikaTan購読しています。利加子さんのページ

楽しく読んでいます。」って書いてありました。\(◎o◎)/!

うれし~~い!。

むかしは、りかちゃんって、呼ばれていたんですけどね。(^^ゞ

まっすぐした、とっても素敵な先輩でした。(^.^)

ありがとうございます。

お仕事がんばってくださいね。

 

RikaTanは、1月号から、ちょっとリニューアルしています。

http://rikatan.com/index.php

表紙も、今までとは大分違うし、カラーも多くなっています。

おもしろ!ふしぎ?実験隊ともども、よろしくお願いいたします。

 

皆さんにも、この一年、良いことがいっぱいありますように。=^_^=

 

もうすぐ8月9日

| コメント(2)

もうすぐ、8月9日です。

長崎の原爆記念日。

原爆記念日という言葉は、私は、なんだかしっくりきません。

記念日って、なんだか、楽しいイメージが私には、あるので。

 

私は大人向け理科雑誌RikaTan:理科の探検

http://rikatan.com/index.html のお手伝いしている(以前)のですが、

その中で、読者の声のような「RikaTan広場」というところを担当しています。

 

8月号では、ちょっとだけ、私の気持ちを書かせていただきました。

小学校3年生のお子さんが、理科のことについて、キラキラした目で話して

くれるというコメントに、お返事というかたちです。

===============================

子どものきらきらした目は、素敵ですね。

大切にしたいと思います。

 

私の母は、12歳の時長崎で原爆に会いました。

その母の孫である私の子どもたちが今、母と同じ年代になっています。

 

半世紀以上前のあの『熱い夏』を体験した子どもたちと、今の子どもたち。

取り巻く環境は、良くも悪くも変わりましたが、

子どもたちの、おもしろいもの・ふしぎなものを発見した時のキラキラ輝く目は同じですね。

 

そんな子どもたちの中に芽生えた『科学の芽』を、母として・教師として・研究者として、

立場は違っても、平穏な環境の中で育ててあげられるようにしたいなと、原爆記念日の黙とうのサイレンを聞きながら、いつも思っています。

 

=====================================

私は、実際に原爆を受けたわけではありません。

でも、母からいつも話は聞いていて・・・

そういう体験もないような方たちよりは、なにか、伝えることができるのではないだろうか?

と最近思うようになりました。

オバマ大統領の声明を受けて、イッセー三宅さんが、声をあげられました。

朝日新聞を読みますが、今年は、いつもより、原爆のことを取り上げられた記事が

ほんの少し、多く見られるように、感じます。

きょうは、私がひそかにあこがれている、平山郁夫さんの記事がありました。

昨年のこのころ、アンテナを高くして、何か伝えられるようになりたいと思っていました。

来年は、もう少し、伝えられるように、なっていたいなと思います。

もうすぐ、8月9日です・・・

みんなで日食を観察しよう!

| コメント(0)

こんにちは、おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

7月13日は、いつもの東児童館で、実験教室をやってきました。

テーマは、 『みんなで日食を観察しよう!』 です。

 

2009年7月22日は、日本全国で、日食が起こります。

皆既日食が起こる地域もあります。残念ながら、つくばでは、約75%が欠ける

部分日食です。

日食がどうしておこるかは、

表示 クリックしてね。

国立天文台さんなどのサイトを、参考にさせていただいて、書いてみました。

13日には、みんなに、日食についてお話しして、日食観察用の

日食めがね・木漏れ日観察装置 を作りました。

P1050145.JPG

みんなが手にしているのは、こんなものです。

P1050151.JPG

上のが、日食めがね。

真ん中に一本入っているのが、特殊なフィルムで、下記のサイトの方のを購入しました。http://www.y-tomita.co.jp/parts/solar-glass.htm

ある程度までKUBOさんがつくっていたのですが、これがなかなか。。。

100枚作るとなると、大変でした。(^^ゞ

みんな、しっかり使ってね~。

下に見える筒は、ラップの芯で作った、木漏れ日観察装置\(◎o◎)/!

ピンホールを使って、太陽の像を見ようというものです。

とっても簡単。22日は、下記のものや、ザルや日傘なんかも用意して、

観察しようと思っています。

P1050152.JPG

お菓子の箱・ティシュボックス・ラップの芯・長~い筒・後、ラップの箱などでも、できます。

ラップの芯くらいの長さなら、ピンホールは、押しピンでぷつぷつ穴をあけるくらいでいいので、

簡単です。アバウトでいいです。

ラップの芯の片方に、アルミホイルを張って、押しピンでぷつぷつ穴を開けます。

反対の方には、紙コップで受け皿にして、横をあけて、紙コップの底に

像が写るのが見えるようにしました。

ティシュボックスなら、一方を抜いて、同じくアルミホイルを張って、押しピンでぷつぷつ穴をあけるだけ、ティシュを取り出す口からのぞくと、像が写ります。

 

木漏れ日観察装置なら、目も傷めることもないので、お手軽です。

当日は、段ボール程度の大きいものも用意するつもりです。

楽しみにしていてね。 

ということで、

P1050142.JPG

上記のように、7月22日日食の観察をみんなでやりましょう。

日食のときには、どんなことが起こるのかな?ってことも、考えました。

表示 クリックしてね。

皆既日食だったら、星も見えるのかな?

その時見える星は、今の時期の夜見える星ではなく、冬に見える星です。

双子座やオリオン座、だから、「真夏のオリオン」が見えるかも。(^_-)-☆

 

今回、いつもよりお友達がたくさん来てくれたようで・・・

すべて用意したものがなくなっちゃったけど、これから、KUBOさんが、夜なべして、用意するので、

当日の参加も大丈夫です。

ただ、日食観察は、危険もともないます。参加してくれたお友達には、紹介したけど、

昔外国で、日食をクラスで観察して、クラスのお友達が、日食網膜症になって目が見えなくなったといお話があります。

注意はちゃんと守って、参加してくださいね。

表示   クリックして、確認してね。

 

おうちの方もも、ぜひ、注意をよくお読みになって、ご参加ください。

暑さ対策も、よろしくお願いいたします。(^_-)-☆

 

ちなみに、3年後の2012年5月21日朝には、つくばでも、金環食が観察できます。

2035年9月2日だと、つくばでも、皆既日食が観察できます。

待ってられるかな~。ビ・ミ・ョ・ウ(@_@。

日食の情報などは、

国立天文台のサイト(下記)が参考になると思います。

http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090722/

私がお手伝いしている雑誌RikaTanの

http://rikatan.com/index.html

7月号も、日食の特集をやっています。

 

 

 

 

こんにちは。

 

時々登場していますが、私は、雑誌RikaTan(理科の探検)のお手伝いをしています。

http://rikatan.com/index.html

5月号は、おもしろ実験・ものづくりをしよう!でした。

rikatan0905s[1].jpg

今回私も、「まずは、やってみよう!実験教室」ということで、

原稿を書かせてもらっています。

『主婦でもやれるんだよ。好きなことからやってみようよ。』ってな感じの文章です。

この文章を、(独)科学技術振興機構のWebサイト:サイエンス・ポータル

の、理科の探検のコーナーに載せていただきました。

全文読めます。のぞいてみてくださいね。

http://scienceportal.jst.go.jp/contents/guide/rikatan/0905/090518.html

今回、このコーナーの紹介をさせていただいたのは、

多くの『実験教室をやってみたいな。』

って思っている方々に、

『そんなにハードルは高くないよ。』ってお伝えしたかったのも、そうですが、

実は、私的には、もっと嬉しいことがありました。

雑誌に掲載するときも、今回のWebサイトに掲載するときも、

写真が入っていたのですが、その写真を公開していいか、映っている子どもさんたちの

保護者の方々に、お電話したのですが、どの保護者の方も、

本当に、快く、了解していただきました。

そして、「おもしろ!ふしぎ?実験隊」のこともご存知のようで・・・

 

私は、いつも、子どもたちに、お持ち帰り資料を書いています。

ちょっと難しいことまで書いているのですが、

『おうちの方と読んで、実験隊のことを振り返り、家庭での会話の

きっかけになればな。』

さらにいえば、

『おうちの方にも、科学の芽を持って頂けたらな。』と思っていました。

でも、『本当に、読んでくれているかな?ちゃんと持ち帰ってくれているかな?』

と心配でもありました。

 

今回の件で、保護者の方々とお話できて、

私の気持ちが伝わっているような気がしてきて、少し、うれしく思っています。

やっててよかった。=^_^=

2008/09/24
こんにちは、みなさん。 おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

暑くなったり、涼しくなったり、なんだか変だな~!って感じですね。
でも、夜はすっかり秋って感じです。

今日の、タイトルでぴ~んと来たかたは、きっと理科好き?
そう、「子供の科学」などでおなじみの、「GOGOミルボ!の、はやのんさん」のことです。




















なんとこの、はやのんさんが手にしているのは、
私がお手伝いしている、雑誌「RikaTan:理科の探検」です。
http://rikatan.com/

RikaTanでは、みんなで一緒に雑誌を作ろうよ!って感じで、
編集・企画作業をやっています。
その企画委員に11月号より、はやのんさんが登場というわけです。

きっとイラストや、漫画も出してくださると思うので、楽しみにしていてください。

ちなみにはやのんさんのサイトは、こちら。
http://www.hayanon.jp/
ネットで読める漫画へのリンクもあります。

日刊工業新聞で『キラリ研究開発』という理系・研究開発職の大人向けの
科学漫画の連載も始められたそうです。
http://www.hayanon.jp/kirari/

のぞいてみてください。

そして、今月のRikaTanは、輪ゴムの実験です。











9月28日には、10月号も出る予定です。
Webサイトはもう10月号になっています。

RikaTanのWebサイト
http://rikatan.com/












RikaTanは、あんまりお店で見かけないけど、アマゾンからも、購入できます。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%82q%82%89%82%8B%82%81%82s%82%81%82%8E

また、下記のサイトからは、原稿の一部が、のぞき見? できます。
★e-hon(書籍ののぞき見サイト)
http://www.e-hon.ne.jp/bec/ZS/Top
右下のほうの雑誌名で検索の「り」をクリックして
『RikaTan 理科の探検』を探してください。
表紙を含め、7ページほどが公開されています。

ちょっと見たんですが、実験やものつくりのことまで、読めちゃいます。
これって、みんな買ってくれなくなるんじゃないの
?(゜-゜;)ヾ(-_-;) オイオイ...なんてことは言いません。いろいろ
のぞいて見てくださいね。

★JSTサイエンスポータル
http://scienceportal.jp/contents/guide/rikatan/
ここでは、毎週ひとつの記事が公開されています。
9月号、ゴムの弾性は、「おもしろ!ふしぎ?実験隊」の相談役が書きました。
よろしくね。


なんて、今日は、宣伝のようになってしまいましたが、
明日には、また、来週の実験隊の予告を書かせていただきます。

ではね。

RikaTan 理科の探検 2

| コメント(0)
2008/05/29
続けて、実験隊です。

私がお手伝いしている、雑誌RikaTanの、6月号が出ました。




   






なんと私が大好きな、ひかりものの特集です。

私も少し書かせていただいています。

よく、守谷で実験教室を行うのですが、その時の偏光板の実験風景を
入れています。
参加してくれた子、ありがとうね。
ちっちゃな写真だったけど...使わせてもらいました。

本屋さんで見かけたら、手に取ってみてくださいね。

これな~んだ1の答え

| コメント(0)
2008/03/19

こんにちは、みなさん。おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

今日は、中学生版のジュニアをやってきました。
ずっと以前から、これな~んだ?と聞いているあれです。

ジュニアのお題は、
ぷよぷよたまごのランプシェード作り
311.jpg
ということで、わかっちゃったかな? 

卵です。
今日中学生たちが作ってくれたのは、これです。
P1020384.JPG

なかなかかわいいでしょう?
写真は、卵の殻に、ネイルエナメルをぬっただでです。
これから、30時間ほど、酢の中につけます
卵の殻は、炭酸カルシウムでできているので、酢につけると、
二酸化炭素を出しながら、溶けていきます。

P1020382.JPG

「ケロロは、特別参加であります。」 !(^^)!

泡が卵の殻につくので、浮かんできたり、くるんと回ったり、
なかなか途中もかわいいです。
ぷくぷく二酸化炭素がつくので、どのくらい出てるのかな?
って、溶け出るであろう殻の量から、二酸化炭素の量を計算したのですが、
殻は、たぶん0.1gも溶けてないだろうと思われます。

エナメルでコーティングしているのですから、その部分は、とけません。
30時間の最後のほうで、エナメルがついてないところの殻は、
手で擦ると、とろとろ溶けてきて、卵殻膜が見えてきます。
そして、穴をあけ、卵の中身を出すと、殻が溶けた部分は、透けて、
ランプシェードのようになるのです。

これを教えていただいた、立花愛子さんの作品は、
これです。

313.jpg

私のと違って、ランプも自作だと思います。

私が使ったライトは、2番目の写真の手前左のもので、100円ショップで購入できます。

309.jpg

この酢に漬ける卵は、エナメルをつけずにただ酢に漬けておく
実験として、よくやられます。
酢に漬けておくと、殻が溶け、丈夫な卵殻膜だけになります。
そうすると、浸透圧の為に、酢のほうの水分(もしかして酢も?)が卵のほうに行きます。
なので、最終的には、卵が大きくなります。

ナメクジに塩をかけて、ナメクジが溶けていくようにみえる現象と同じですね。
塩でなくても、砂糖でもいいのですよ。

今日は、お遊びのようなことでしたが、中1の理科2分野では、地層などについても勉強します。
石灰岩に、薄い塩酸をかけると、二酸化炭素が出てくる。というのを習うようです。
石灰岩は、生物の死骸などが堆積した堆積岩なのです。
卵を酢に浸して、二酸化炭素が出てくる、という現象と同じです。
なんて、ちょっとだけ、お勉強にひっかけてみました。

これで、今年度(2007年度)の実験隊は、おしまいです。
でも、おもしろ理科先生の出前実験は、あと2回ほどあります。

4月からもよろしくです。

RikaTan 理科の探検

| コメント(0)
2007/04/23
 
こんにちは、皆さん。
おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

今日は、東児童館の小学生向け、実験教室ですが、
その前に、ちょっとご紹介です。

RikaTanという、理科雑誌を出しました。


同志社女子大の左巻先生を編集長にネットで集まった
理科好きの小中大などの先生・ライター・研究者・会社員・主婦
など100人が集まり、毎月書いています。

http://www.fujisan.co.jp/Product/1281681964/

↑下の方に、目次があります。

雑誌はあまり売れないらしく、まして、理科関係となると(*u_u)
まずは、3000部目標で、1年間はやってみよう!ということで、
4月号は、8000部作りました。
なので、本屋さんではあまり目にしないかもしれませんが、
もし見かけたら、立ち読みしてやってください。



創刊号4月は、私の光の実験が、表紙です。
5月号は、食べ物実験・6月は、万華鏡です。
7月は、夏休みの自由研究です。私の光の実験も、取り上げてもらっています。

私は、毎月の読者コーナー『みんなのブログコーナー』を担当しています。
「子どもの科学」と「Newton」の間を狙った本です。
理科の先生やってるんだけど、ちょっと苦手で...
お子さんと、いっしょに楽しもうかな? 
昔理科好きだったんだよな! 
なんて方。どうぞ宜しくお願いいたします。

では、またね。♪(*'-^)-☆

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

最近のコメント