燃焼の最近のブログ記事

こんにちは、みなさん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

今日はちょっと質問です!

KUBOさんは、カスピ海ヨーグルトを作って食べているのですが・・・
画像左に見える、白い容器[ダイソーのインスタントラーメン作り容器]に入れて、外を黒いもので覆って、窓辺に置いています。
近頃のKUBOさんのの窓辺は、黒いもので覆うと、ちょうど良いくらいにあたた
まってくれて、
朝置いとくと、夕方あたりには、ヨーグルトができています。
DSC_0452.JPG
先日、画像左に見える、いわゆるプチプチの片面が黒いバージョンのを
見つけたので、「おお!これは、よい~!」と思って、
さっそく、外側を黒にして、覆ってみました。
1時間後、外側がとっても熱くなっているので、やった!と思って、
プチプチをめくると、容器は、ほとんど温まってないのですよね~。
およ~!?
そんなもんなんですかね? 断熱!?
KUBOさん的には、黒で太陽光をよく吸収して、プチプチの部分で
断熱効果があるので、覆ったら、ずいぶん熱くなるのではと思ったのです。

みなさんはどうですか?そう思うのは、KUBOさんだけかな?
ちなみに、このプチプチは、案外硬いので、ぴったり覆うということは
できず、容器とプチプチの間に、隙間がずいぶんあります。

すごい喜んだ分がっくりきちゃて、すぐに、これまで通り、
右に見える、黒いレジ袋をぴったりかぶせて、使うようにしました。
ぴったり出来なかったので、ダメだったのかな~。
なんていろいろ考えて。。。

でも、
あれれ~。~>゜)~~~
で、思ったんだけど、反対側の透明な方を外にして、このプチプチ
で覆ったら、もしかしたら温まる?
透明プチプチを通った太陽光が、黒い部分に当たって、
それから容器を暖める。
で、断熱!?

で、やってみました!
DSC_0456.JPG
窓辺だから、お花と一緒にいつも温めている。

で、結果は・・・
黒を外側にするより、温まったように感じるのですが、
今一つ!思ったよりも、温まってない!

で、実は、やる前に気が付いていたのですが。。。!(^^)!
KUBOさん、なんか、【断熱!】ってことに、とらわれていたというか、
断熱 ⇒ 熱くなる!
みたいに思っていたのですが、

断熱しているから、容器内部の温度も、さほど変化がなくなっちゃうということ
ですよね。
空気が対流してないので、容器の内部の温度が変わりにくい。
ってことです。
だから、プチプチはないほうがいいのですね。
ぴっちり覆えるわけでもないし。

逆に言うと、
おそるべし!プチプチ構造!
KUBOさん的には、こんなに少しの層が、容器のまわりにできることで、
容器内の温度があまり上昇しないようになっちゃうんだな~。
って思いました。
だから、いまのところ、一番いいのは、
うっ!すい、黒いレジ袋!で、ぴっちり覆うこと。

_20170419_154928.JPG
クルルがお休みですが、めっちゃ熱くなっています。
もちろん中の容器も。

もしかしたら、容器ごと、ガンプラ用の黒いスプレーで塗ったらよいのかもしれないけど、
それだと、食品なのでね~。(>_<)

黒い容器を見つけるのが、一番いいのかな~。
まあ、食品を入れる容器で、黒いものってあんまりないですね。

ってことで、
今回のご報告は、KUBOさんが、科学的思考を持ち合わせていないってことの
暴露のような感じになってしまいましたが、
本当なので、しょうがないですね。

ちなみに、対流の実験は、こちら。

では~。
このところ、アップが少ないのは、5月からの実験教室に向けて、
頑張っているからです!
児童館での実験教室は、5月から始まります。
そのうち、予定もアップしますので、お待ちくださいね。
こんにちは、みなさん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。
2016年9月12日、いつもの東児童館で、『ミニミニ風車を回そう!』という実験をしてきたので、そのご報告です。
いつものIさんと、エキスポのKさんも来てくださいました~。
P1250329.JPG
こんな感じ~。
P1250326.JPG
実は、この実験、数年前の1年間ほど、茨城県の事業『おもしろ理科先生』で、一つのテーマとしてやっていました。
親子での実験教室は、親子の触れ合いも多く、また、考えさせ、自分でくふうして風車が動くという事が、よい感じの実験だったのですが、準備が大変だったので、やめていました。その時の名残の、大きなテーマを書いてもらったものがあったので、今回貼っておきましたよ。
で、そのテーマの下にあるのがこちら
P1250327.JPG
上記の、
・お日様パワー・ハンドパワー・あったかコーヒー・カイロ
で、下の様なミニミニ風車を回すのです。
DSC_1229.JPG
といっても、実は、上のようにセットしただけで、今回は、回るような工作になっているんですけどね。
上の画像は、クリップの黒い部分に、太陽光(お日様パワー)が当たり、さらに、クリップが三角柱(筒)のようになっているので、そのまま空気が効率よく上に上がり、風車が回るという事です。
こんな感じです。
癒されますね~。
右のアクアリウムですが、この後アップしますが、ミニミニアクアリウムとしてお友だちと楽しんでみました。
(株)リーゾさんのご協力です。
PCの作業で疲れた時には、こんな感じはいかがでしょう。
 
さらに、下の画像のように、枠をはめると、空気の流れを上にあげるという効率は、よくなりますね。
P1250398.JPG
イメージ的には、こんな感じです。
tairyuu2.png
窓辺に置くと、ずっと回っていますよ。
DSC_1244.JPG
ちなみに、上の画像の、右の黒い枠と白い枠、どちらもパンチで穴を開けているので、下から空気が入ってきて、よい対流が生まれるのです。
後の実験でもやるのですが、黒いほうが、光のエネルギーを多く吸収するので、黒い枠のほうが風車はよく回るのではと思ったのですが、そうでもないようです。
たぶん、白い紙は、トレーシングペーパーで、ある程度光を通し、うまいこと、黒いクリップにも光が当たっています。
黒い紙のほうは、クリップまで光が行かないので、その分効率が悪いんじゃないかな?と思います。しばらく時間を置いたら、回るかなと思ったのですが、対流の起こり方は、左の白い紙のほうが良いようです。
ってことで、風車に使った材料は、こんなもの。
P1250395.JPG
風車を支える軸は、まち針を使っています。危ないので、細心の注意をするようにお友だちには伝え、お持ち帰りには、上からスポンジを取れないようにくっ付け、紙コップに入れて、帰ってもらいました。
風車は、惣菜入れを丸く切り取って、はさみを入れ羽にしました。
P1250312.JPG
はねの真ん中は、スナップです。
ただし、いま売ってあるスナップは、真ん中(でべそみたいなとこ)に、穴が開いています。そうすると、そこから軸の針が抜け出るので、使えません。右のようなスナップ(古い?)でないとこの実験は難しいです。穴に、半田を着けたり、紙を貼ったりしたのですが、いまいちでした。
P1250397.JPG
なぜ、穴が開いているかは、検索すると出て来るようですので、興味がある方は、検索してみてください。
KUBOさんは、最初空気を抜いて、とめやすくする為かな?と思ったのですが、どうも、作る工程でできるとか、スナップをきちんと中心に置くためとか、そういった理由のほうがあたりのような気がしています。
それと、枠に使った、透明なフィルムは、クリアフィルムとか、クリアポケットという名前で売ってあるものです。
P1250315.JPG
ただしこれも、いろいろあって、静電気防止してあるものやしてないものや...
購入してみないとわからないのですが、ものによっては、羽がピタッと止まっちゃって、まったく動かないものもあります。今回、羽をトレーシングペーパー(紙)でもやったのですが、それも、静電気で動かなくなるものがありました。
よくペットボトルをカットしてやっている例もあるようですが、それも、自分でやってみないとわからないと思います。
それと、先に書いた、昔やっていた実験教室では、針は危ないと思っていたので、下の画像の箒の黒い1本1本を軸としてやっていました。
P1250394.JPG
また羽は、惣菜容器を切り取って、まん中に、太いボールペンで穴ぼこを開けていました。
枠はパンチとかせず、切込みを入れていました。
箒の1本1本や、ボールペンでの穴では、やはり、スムーズな動きにならず、回転するまでのパワーを作り出すことができず、止まってしまうことがありました。
この実験は、鉛筆の芯で行うものもあります。
検索するといろいろ実は出てきます。でも本当にみんな自分でやったのかな~。みんなで共有できるレベルになっているのかな~。
なんて思っちゃいますね。ちなみに最初は、こちらのサイトを参考にさせていただきました。今は、公開されていないみたいです。
https://kids.gakken.co.jp/kagaku/100yen/
で、何で、こんなに、面倒で、以前の方法だったら、うまくいかないこともある、実験をまたやったかというと、
KUBOさん自身が、やっている過程がおもしろかったのですよね。
多分、自由研究とかで、何度も何度も、工夫を重ね、改良することがおもしろいという、そんな過程を楽しめる実験です。
今回、お友だちが楽しんでくれるか少し不安だったのですが、自分で、一生懸命ハンドパワーを使って回転させてみる!という事がよかったようで、楽しんでくれたようです。
針を使ったのが、危なくはなかったのか今のところ不安なのですが、一応、実験教室の流れをご報告いたします。
====
まずは、温かくなった空気は、軽くなって上に上がるという事の説明となる実験です。
ティーバッグの中の紅茶を出して、筒状に立てます。
tairyuu4.png
それに火をつけます。
燃えてふぁっ写真.JPG
上記のように、周囲の空気の流れがないような入れ物に入れたほうがいいのですが、
今回は、下の画像のように、陶器(燃え移らないように)のお皿に立てました。
クリックすると大きくなります。
火をつけて  ⇒  燃えつきて  ⇒  燃えつきたと同時にふわっとうきます。
P1250333.JPGP1250334.JPGP1250335.JPG
案外簡単!まっすぐ立てることが大事かな。
もう一度、マリックさんのハンドパワーのイラストを後ろに!(#^.^#)

P1250365.JPGP1250371.JPGP1250366.JPG
手に重なっているところに、燃えカスがうつっていると思います。
            燃えカスが浮き上がって降りてきて
               そこに火を近づけても、また浮き上がります。
P1250368.JPGP1250372.JPGP1250373.JPG
とっても楽しい。
カメラのレンズが汚くて、見えにくいのですが、カイロの『ホカロン』と書いてあるあたりに、燃えカスがあると思います。
P1250370.JPG
この演示は、こちらを参考にしています。
そのほか、インテリアとして売っていた、風車も、ロウソクの火で、空気を暖め、回転します。
そんなのを見てもらいました。
P1250337.JPGP1250339.JPG
下は、温かくなった空気は、
活発に動くようになって、元もとのかさより、大きくなる、
そうなると、元もとのかさの部分を比べると、軽くなるなんてことを言っているんだけど、
空気のつぶつぶの大きさもちょっと変だし、いまいち説明が伝わっていないね。
ごめんね。
P1250341.JPG

お持ち帰り資料には、こんなイメージ図です。
tairyuu1.png
お風呂がわいたかな?と思って、手を突っ込んだら、上の方だけあたたかいなんてことがない?
なんて聞いたりしたんだけど、今のお友だちのおうちのおふろは、沸かすタイプというより、決められた温度のお湯を入れていくタイプだから、みんな ? ってな感じだったし...
このあたりの演示は、いまいちでした。すみません。
で、もう一つ用意したのが、こちら、
黒い色と白い色は、どっちが光のエネルギーをもらいやすいか【あたたまりやすいか】って実験。
P1250325.JPG
黒と白の手袋(材質はあまり関係ない)と、今回は、OHPの光を用意しました。
ハロゲンライトを昔は使っていたけど、これで大丈夫だし、
この手袋の実験は、とっても良くわかります。
他の実験でも使いたくなるくらい、よい実験です。
黒と白の手袋を片手ずつつけます。
P1250348.JPG
そして、両掌を、1・2・3・4・5!とOHPの光に当てます。
そしてすぐ、ギュ!とにぎります。クリックするとお友だちの表情がわかりますよ。
sketch-1474334592203.pngsketch-1474334534541.png
sketch-1474334453630.pngsketch-1474334670294.pngsketch-1474334721538.pngsketch-1474334113307.png
sketch-1474334165899.png
P1250353.JPGP1250352.JPGsketch-1474334386083.png
びっくりするくらい、わかるのです。以前やっていたときは、お友だちに手袋をはめてもらって、お友だちの手に光を当てて、そのまま、おうちの方(素手)と両手で握手するというのをやっていました。それでもとてもよくわかります。
黒い色のものは、光をよく吸収するので、温かくなるのです。
運動場で遊ぶときには、黒い髪のまんまでなく、赤白帽子の白いほうにして遊んだ方がいいってことだよね。
という事で、
・あたたかくなった空気は、軽くなって上に上がる
・黒い色は、光を吸収してあたたかくなる
という事がわかったところで、風車をセットして、ふ~ッとまわしてみました。
sketch-1474333861853.pngsketch-1474333940737.png
針が怖かったけど、うまくいったね。
そこで今度は、ハンドパワー
風車のまわりを手で囲みます。
P1250345.JPGP1250344.JPG
そして、すっと手を1㎝ほど上にあげると、下から空気が入ってきて、対流が起こり、風車が回ります。
P1250347.JPG
みんな、びっくりするくらい、上手にできました。
この後、お日様パワー(太陽光)で回すための、枠を作って、お持ち帰り。
そのほか、あったかい缶コーヒーの上に置いたり、カイロの上に置いたりして、楽しんでみてください!っていっても、その実験は冬かな~。
後半のお友だちには説明し、お持ち帰り資料にも書いていたのですが、付け加えとして、
『凪』について説明しました。
tairyuu3.png
海風って言葉を聞いたことはないかな?海の近くでは、昼間は海から陸に向かって風が吹くんだけど、これはこの風車で説明できるんだ。
昼間は、海も陸も太陽の光であたためられるんだけど、陸のほうが海よりもあたたまりやすいんだ(比熱の関係)。黒いクリップが陸で、外輪の外が海と考えるといいよ。この風車と同じく、あたためられた陸のほうの空気は上に上がる。そして、外輪の下から空気が入ってきたように、海から陸へ空気が入ってくる。この風を海風っていうんだよ。
陸はあたたまりやすく冷えやすい。海はあたたまりにくく冷えにくいので、夜は海のほうの空気が上に上るんだ。だから、逆の風、陸風が吹くんだよ。海風と陸風が交代する朝や夕は無風となるときがあって、それを、朝なぎ、夕なぎと呼ぶんだ。
ってことで、おうちでも、楽しんでみてくださいね~。
【追記2】
この後の【追記1】でプラスチックのスナップを利用すればよいと書いていますが、ジブは、ホックほど、滑らか(摩擦が少なく)はならなかったので、まだまだ、試行錯誤を続けていました。
が~~~!なんと、ダイソーで、右のものを見つけましたよ~。スタッズ。
DSC_1360.JPG
アップではこちら~。
DSC_1361.JPG
スニーカーやジーパンなどの飾に使うようです。
2つセットで、パンチで止めるみたいですが、
KUBOさんが使うのは、左の方に並んでいるものです。大きいのと小さいのがありますが、小さいほうが勿論軽いので、回りやすいです。でも、大きい方でもまわりました。
108円で小さい方だけだと8個とれるので、ひとつ13円くらいかな。
よく見るとわかるように、上は、凹んでます。でも、うまく回ります。というか、スナップより、よい気がします。滑らか~。ほんと、滑らかです。
ってことで、今度は本当に、良いものが見つかった気がします。
【追記1】
風車に使ったスナップがないので、今後はできないな~。と思っていたのですが、なんと、スナップの代わりになりそうなものを見つけました!
今回見つけたのは、プラスチックのスナップです。
DSC_1264.jpg
最近でてきたもので、別売りのパンチ(ハンディプレス)のようなものを使ってくっ付けるのと、パンチなしでくっつけるものの2通りあるのですが、よかったのは、パンチを使うもの。
このスナップは、3つの部品で構成されているのですが、そのうちのひとつを使います。3つの部品は、上画像の左真ん中あたりに見えるお顔のようになっている3つです。そのうちの下に見えるものを使います。
今回購入したのには、12セットはいっていて300円ちょっとでした。だから、一人30円くらい。ちょっと高いですけど、まあしょうがないですね。
使うその一つは、イメージとしては、ゴルフのマーカーを小さくしたようなもので、その軸のところが筒状になっています。だからそこに、針が入りるのです~!
DSC_1265.jpg
上の画像でわかるかな?穴が見えるようにとったので、ちょっと画像が荒いです。
ってことで、うまくくるくる回るので、10月からも、この実験、またやっていこうと
思っています。!(^^)!
→ ってことで、10月からは、【追記2】のスタッズを使います~。!(^^)!


こんにちは、みなさん。おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

 

もうすぐ、土浦の花火大会ですね。

花火って、どうやって、あのきれいな色を作っているんでしょう?

こんな写真も撮ってみました。

 

P1060067.JPG

こちらで、少し解説があります。

どうぞ。

科学力クイズ

| コメント(2)
2008/07/15
編集しました。

こんにちは、皆さん。               おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

7月7日に、東児童館で行った、小学生版の実験教室の
ご報告です。

今回は、写真を撮る時間がなかったので、ごめんなさい。

お題は、「科学力クイズ!」

でんじろう先生監修の下記のWebサイトを参考に、実験を行いながら、
クイズを解いていきました。

http://www.teny.co.jp/jsa/index.html

いろいろ楽しい問題があるので、詳細は、上記のサイトを覗いてくださいね。

今回、私がまだまだ勉強中の問題はこれです。

コップをかぶせると、火が消えたときには、どうなるのかな?












答は、2番の
コップの中に、水が吸い上げられるというものです。

その理由なのですが、
私は、当初、
◆ろうそくが燃えることにより、酸素が少なくなって、二酸化炭素に変わり、
二酸化炭素は、水に溶けやすいので、
その分水が吸い上げられます。と解説しました。
(ちょっと脱線)
ろうそくが消えたからと言って、酸素がすべて使われたわけではないんですよ。
これは、また別の機会に。

でも、いろいろ調べてみると、
◆コップの中の空気がろうそくに暖められて、
膨張する。そして、消えるとまた、膨張が収まるので、
水が、吸い上げられる。ということのほうが大きな原因のように書いてあるサイトが
多かったです。もちろん二酸化炭素の溶け込みもその次くらいに書いてあります。
もちろん、水を石灰水にしたら、白く濁りました。

でも、最初に膨張したときの水面の変化と、
吸い上げられた高さは、吸い上げられた時の変化のほうがとても多いので
なんだか変です。

いろいろ考えてる方もいらっしゃるようで、
下記のサイトも面白かったです。

http://www2.nsknet.or.jp/~mshr/report/1to10.pdf

私が疑問に思った、水面の変化の違いですが、
燃えているろうそくに、コップを上からかぶせると、
すでに温まった空気をコップの中に入れているので、
水面が下がるのが少なかったのでしょうね。
上記のサイトでは、外から、虫眼鏡で、火をつけています。

でも、まだ考え中です。
明日は、中学生コースの実験隊なので、
一緒にやってみようと思います。
面白いなと思ってくれたらいいのですが...
これ一つの実験を見ても、いろいろ考えることができるんだなと思います。
また、考えるような子供を増やしていきたいなと思いました。
2008/03/06
 
こんにちは、みなさん。おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

2月のご報告です。
小学生版:2月15日(月)つくば市立東児童館
お題:科学マジック

科学マジックというと、いろんなことがやれちゃいます。
いろんなことやったのですが、
ここには、的を絞った、
『ソーラーパワーとハンドパワーで、ミニミニ風車を回そう!』
をご報告します。
作品としては、こんなものです。


このセットを太陽光が当たるようにおけば、
くるくる中の風車が回りだすのです。





こんなものからできています。









キーワードは、空気の対流です。
太陽光で温められた黒い台の付近の空気が、上に登っていき、風車を回します。
温かい空気は、軽くなって、上に上るのです。
お風呂のお湯も、上が温かいでしょう。(おおざっぱな説明:すみません)
外の環になっているところは、煙突のように、空気の流れを、コントロールしています。
外の環をとって、両脇を手で温めてやると、そのぬくもりだけで、
風車が回りだします。
まるで、マジックのようです。
『ハンドパワーです』ってやつですね。(^_-)-☆

教室は、直射日光が当たってなかったので、
下にカイロを置いておきました。これでも回ります。

この対流を説明するのに、『燃えてふぁっ』の実験をしました。


紅茶のティーバッグを写真のように立てておいて、
火をつけると、なんと、火が消えるころ、飛び上がるのです。








なかなかびっくり\(◎o◎)/!




この実験は、先日お知らせした、
『RikaTan:理科の探検』3月号に載っています。
http://rikatan.com/






風車の実験は、6月号に掲載してもらおうと思っています。





ジュニア(中学生版):2月27日東児童館で行いました。
色変わり木炭電池ということで・・・









こんな感じですが、いい写真がなくて...
まずは、アルミホイルと食塩水で濡らしたキッチンペーパーと、備長炭で、
電池を作りました。
これだけで電池になるんですよ。

次は、備長炭・高分子吸収ポリマー(おむつなどに入っている、水をすうやつです。
なんと1gで、300gの水を吸うといわれています。)・紫色色素を使って、
色が変わる、燃料電池もどきを作りました。
紫色色素は、色変わり実験で使った、酸・アルカリによって色が変わる色素です。
ムラサキキャベツやブルーベリーの色もそうですね。
ブルーベリージャムをヨーグルトに入れたら、ピンク色になるでしょう。あの反応です。
なぜ、備長炭を使うこと言うと、備長炭は、脱臭(吸臭)作用がありますよね。
備長炭には、細かい孔がいっぱいあるのです。その中に匂いが吸収されるのですが、
同じように、電池に使わる分子などをため込むことができるのです。
二つをたたいて鳴らすと、金属のような音がしますよ。
この備長炭、焼肉屋さんが購入する業者さんから購入しました。

電池の反応には、イオンが関係しているのですが、このイオンの動きが、
色でわかるのです。
対象が中学生だったので、工作自体は簡単なので、大丈夫かなと思っていたのですが、
ちょっと内容的には、難しかったようです。
反省です。

今の中学生の教科書では、周期律表がなくなっています。
スイヘイリーベってやつです。
でも、次年度から、また変わるようで、イオンの内容も取り扱われるようです。

実験隊は、3月はお休みにするつもりでしたが、
『なんかした~い!』
ってこが多かったので、
『なんかすること』にしました。
でも、ネタ考えてないのです。
3月17日の週になりそうなので、また、ご連絡します。

それと、何と明日から、お泊まりで、実験教室に行ってきます。
仙台のイオン富谷ショッピングセンターというところです。
金土日12時から14時・15時から17時
今回やった、風車の工作教室をやっています。
仙台の皆さん!(ってみてないか)よかったらいらして下さい。
「投稿見ました」って行ってくれたら、すっごいもの用意してます。なんてことないですよね。

長くなりましたね。
では、またです。

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

最近のコメント