の最近のブログ記事

こんにちは、みなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

ちょっと遅くなりましたが、2月の実験隊のご報告です。

1月末にお知らせしていた実験のテーマは、『お金の不思議』でした。

磁石にくっつく50円玉とか、色の違う500円玉とか、いろいろみんなに紹介しようと思っていたんだけど、KUBOさんが、手をけがしちゃって、工作の準備とかできず、急きょ変更!

片手でもできる実験になりました。!(^^)!

P1080324.JPG

共振実験です。

みんなが作って実験したのは、こちら。

P1080317.JPG

結束バンドに、ビー玉を巻きつけています。

もとになったのは、こちらの工作です。

こちらに、この工作のできた経緯を書いているので、見てね。

そこに出てくる、納口さんのゆらゆら君は、共振だけでなく、免震・耐震・制振も、

説明できる、でも、とっても簡単で、かわいい工作です。

ナダレンジャーさんにあったら、いろいろ聞いてみてね。

本当は、もっと写真があったのだけど、KUBOさんが、消しちゃったみたい。

ごめんね。

でも、みんな、KUBOさんの手のけがをとっても心配してくれて、

うれしかったです。ありがとうね。=^_^=

今回も、いつもの I さんに、お手伝いしていただきました。

重ねて、ありがとうございます。

次回は、KUBOさんの大好きな、ひかりもの実験です。

光の色の足し算では、黄色い光+青い色の光は白なのです。

そうやって、白色LEDは、青い色の発光ダイオードに黄色い蛍光体を使って、

白色光を作っています。でも、白色LEDで見ると、普通に色は感じられるんだけど、

青色LEDと、黄色LEDでは、あんまりうまく色が再現できません。

以前こちらで、ご紹介しています。

こんなことを、一人一人で、実験しながら、進めていこうと思っています。

もちろん工作もあるよ。

いつもの東児童館で、3時くらいから。来る者拒まずの無料です。!(^^)!

ではね、風邪ひかないようにね。

衝突大実験

| コメント(0)
2009/03/21

みなさんこんにちは。おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

お久しぶりで、申し訳ありません。 

3月は、表面張力の実験の予定でしたが、材料が間に合わず、
衝突実験に変更でした。

衝突 
というだけに、みんなは、とっても興味があったみたい。
目隠しをしているので、表情が見えにくいかな?

466.jpg

最初は、大きいスーパーボールと、小さいスーパーボールを
落としたら、どっちがよく跳ねかえるかな?っていう問題。
ちょっと、小さいスーパーボールの方がよく跳ねかえるけど、
3倍小さいからって、3倍大きく跳ねかえるわけではありません。
計算上では、ほとんど変わらないはずです。

次に、にこちゃんのスーパーボールと、スネキチ君(黒い方)では、どっちが跳ねかえりやすいかな?
という問題。これは、スネキチ君は、全く跳ねかえりません。

465.jpg

スネキチ君は、通称、「弾まないとボール」と言います。
弾もう弾もうと思うんだけど、弾めない。反発係数0の非弾性球というものです。
車のバンパーに使われています。

詳しくは、資料を見てください。

表示 クリックしてね=^_^=。

スネキチ君が見える写真の下の方には、粘土があります。
スーパーボールと、非弾性球(スネキチ君)を、粘土の上に落としたら、
どうなるでしょう?
スーパーボールも弾まなくなります。
逆に、クッションの上に落とすと、非弾性球も弾むようになります。
衝突するものによっても、弾み方は変わるのですね。

では、ボールの上に、スーパーボールを置いて、飛ばしたら、どうでしょう?

466.jpg

ロケット風船の下には、スーパーボールがつけてあります。

びよよよよ~ん!と、天井近くまで、飛び上がります。 

ボールの跳ねかえるパワーが、スーパーボールに与えられて、
すっ飛ぶんです。
では、これは?
469.jpg

 
一番下のパワーが下から2番目に伝わり、その2つのパワーが3番目に伝わり、
その3つのパワーが一番上に伝わり・・・
赤いボールは、見えないくらいの速さで、すっ飛びました。

この改良版を、みんなは作って、楽しみました。 

このほか、アルソミトラなどの種をイメージした、折り紙をおりました。
種なので、紙飛行機のように、えい!と飛ばすのではなく、
手から離すと、す~っと、やさしく飛んでいきます。
また、旋回して、いろんな方向へ飛んでいきます。
そうしないと、木は、種が一か所に飛んでいったら、そこで、生きていけなかったら、
子孫を増やせないのですね。

みんなで集まって、一つの大木になったつもりになって、
手を放してみました。

467.jpg
うまく飛んでってくれたかな?

ってことで、今月も終わりです。
また、4月から、よろしくお願いいたします。

君は発電マシーン!

| コメント(0)
2008/01/24
 
こんにちは、おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

寒くなって来ましたが、お元気ですか?

実験隊は、元気にやっています。

21日に、小学生版の「君は発電マシーン!」をやってきましたので、
そのご報告です。

手回し発電機のゼネコンを使って、いろいろなものを動かし、
エネルギーについて勉強しました。

ゼネコン写真があるWebサイト

http://www.kenis.co.jp/member/guest_detail_frame.asp?detailinf=1-123-075|%u624B%u56DE%u3057%u767A%u96FB%u6A5F%u5B9F%u9A13%u30BB%u30C3%u30C8%uFF2B%uFF23%uFF0D%uFF13%uFF33%uFF2E|26000|1|0|0|-|%u6A19%u6E96%u5728%u5EAB%u54C1|%u3000|01&position=0&keydt=1,2,01,手回し発電機



プラレールや、Nゲージを動かしてみました。
電池だと、前にしか進まないプラレールも、ゼネコンを逆回しにすると、
後ろに進みます。





ゼネコンをよく見ると、中には、モーターが入っています。
だから、ゼネコンを電池につなぐと、ゼネコンが回り出します。
ちょっとかわいい動きです。
ゼネコンどうしをつなげると、片いっぽうのゼネコンが回ります。
一つを10回まわしたら、エネルギー保存の法則で、もう一方も
10回まわりそうだけど、7回くらいしかまわりません。
摩擦や、音のエネルギーに換わっているのですね。

スチールウールってご存知ですか?
鉄製のたわしみたいなものですが、鉄といっても、
細くて周りに空気(酸素)があるので、
ゼネコンを回しながら、ちょんちょんくっつけると、なんと、火がつくのです。
シャーペンの芯をつなげて、ゼネコンを回すと、煙が出ました。
一人では、煙が出るくらいまで。
6人くらいでゼネコンを直列につなぐと、きっと焼き切れると思います。

では、ここで問題です。
下の写真のように、乾電池4本を直列つなぎ(まっすぐ)にくっつけると、









こんな感じ
[+ -][+ -][+ -][+ -]
ゼネコンは勢いよく回ります。

では、左から2個目の乾電池を逆にすると、ゼネコンは回るでしょうか?
[+ -][- +][+ -][+ -]

解答は、中学生版のご報告の時に・・・
懐中電灯なんかは、点かないよね。


次回は、中学生版です。
1月30日(水)3時30分くらいから、
いつもの東児童館です。15人までの予約制です。
東児童館(851-4801)に電話してね。
静電気だったけど、今回のゼネコンを使って、中学生的にお勉強します。
最後に、太陽光発電の工作をします。


では、またね。(^_-)-☆

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

最近のコメント