フリクションの最近のブログ記事

こんにちは、みなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。
おもしろ!ふしぎ?実験隊のFBページ(右にあります)
のほうに、アップしたので、こちらでも、ちょこっとネタとして、お知らせしますね。
====================
最近のオーブントースターは、80℃の設定ができるのですね~。
ってことで、フリクションインキの実験で、少し安全に、お友だちに遊んでもらうことができそうです。
10686710_643622032425107_8135249425082597290_n.jpg
ちなみに画像にあるケロロとドロロ以外は、すべて、フリクションインキを使ってあるので、熱を加えると色変わりします。!(^^)!
===
コースターなどにフリクションペンでお絵かきをして、80℃に設定したトースターに入れると、5~10秒ほどで、消えてしまいます!といっても、蛍光っぽいのは見えていますが。
これだと、アイロンを使わないので、お友だちでも、熱くなく体験できそうです。
どんな紙がいいかな~。といくつか試したのですがコピー用紙より、コースターやキッチンペーパーなどのほうが、しみこみやすいので、よいみたいです。後から、冷却スプレーをしても、もどりもよいようです。
キッチンペーパーは、凸凹があるので、書きにくいですね。
フリクションペンの以前の実験は、こちら~。
トースターは、10月25日の東小まつりでお目見えします!
http://tsukuba-ibk.com/omosiro/2010/11/20101129.html

こんにちは、みなさん。      おもしろ?ふしぎ?実験隊です。

 

11月の実験隊は、『フリクションインキを科学する』ってことで、やってきました。

KUBOさんが用意したフリクションインキは、こんなもの。=^_^=

P1020587.JPG

上のおもちゃも、フリクションインキの会社である、パイロットさん(後出)のものです。

こんなものだよ。

P1020588.JPG

ってことで、フリクションペンを使って、まずは、名前を書いてもらいました。

なんだか、今日は、塾の一室みたいだね。

P1020612.JPG

一文字目をペンについているラバーで消します。

消えるのは、ラバーが原因なのか、インキが原因なのかってことで、

ペンの後ろの部分や爪(みんなの爪は柔らかいので、KUBOさんが、消しまくりましたが(>_<))

でも消してみました。消えたよね。

 

P1020617.JPG

ゴシゴシ!!

ってことで、消えた原因は、インキだねってことで、まとめたかったのだけど、

実は、鋭いことをいうお友達がいて

「両方だよ」って。 その通り、(^_-)-☆その時は、褒めてあげられなかったけど、

鋭い!

フリクションペンは、こすると消えます。フリクションっていうのは、『まさつ』ってことです。

こすった時の摩擦熱で、消えます。

手をこすってみてね。温かく感じるでしょう。

P1020650.JPG

温かくすると消えるってことは、他に温かくする方法は?ってことで

いろんな意見を出してくれました。=^_^=

P1020655.JPG

###

あ。KUBOさん字が汚いです。指摘されました。(>_<)でも、書き順だけには、

自身があるよ。

###

フリクションペンは、ふつうおうちや学校で使います。

なので、普通太陽の光が当たっているよね。なので、

太陽の光が当たって、消えていたら、商品として使えないよね。

なので、却下。(>_<)

同じ理由で、床暖やホカホカカーペットも、却下

太陽っていうのは、本当は、光というより、熱で言ってくれたのかもね。

太陽だって、レンズなどで集めると、きっと消えるよね。

というか、燃えるかな?

 

ということで、ドライアーで消してみました。

P1020623.JPG

消えたよ。

次は、火 \(◎o◎)/!

P1020626.JPG

消えたよ。 

次はお湯。

P1020627.JPG

消えたよ。

紙コップにはこんな絵を書いていたんだ。お湯は90度くらい。

P1020595.JPG

あっという間に消えました。

P1020603.JPG

でも、よ~~く見ると、少しあとが残っています。

P1020600.JPG

紫外線ライトを当てると、

P1020602.JPG

見えるんだな。(^^ゞ たぶん蛍光のフリクションペンだったので、残ったんだと思います。

これはこれでおもしろかったね。※1

ってことで、温めると消えたんだから、冷たくすると出てくるんじゃないかな?

ってことで、冷たくするものは...

P1020606.JPG

水・氷・ドライアイス・ドライアーの冷たい方なんてことで。。。

ドライアーの冷たい方では、だめでした。

冷蔵庫もちょっとだめだったかな?

水もだめで、氷水だと少し出てきた。そこで、氷水に食塩を入れてみたよ。

P1020633.JPG

氷水に食塩を入れると、0度くらいだったものが、-21度くらいまで下がります。

なので、アイスが作れたりするんだけど、これで、絵が戻ったね。=^_^=

冷凍庫はというと、普通は、-20度くらいだけど、今回とても冷やしておいたので、

P1020607.JPG 

-30度より下がっていたみたい。しばらく入れておくと、戻ったね。=^_^=

それと、今回の強力兵器 \(◎o◎)/! 冷却スプレー

P1020593.JPG

使ったことがあるお友達もいたけど、足を打ったりした時に、使うらしいよ。

シュッとすると、あっという間に。

P1020592.JPG

-30度越え \(◎o◎)/! ってことで、これでも戻りました。

 冷却スプレーは、-40度くらいまで冷えるらしい。なので、30cm以上離して、

スプレーしないといけないんだ。

もちろん、これも戻りました。 ※2

P1020636.JPG

コップもこんな感じ。周りに霜がついてます。

P1020605.JPG

フリクションインキは、約60度以上で消えて-20度以下で戻るそうです。

下記のサイトには、動画もあって、いろいろ説明してあるので、参考にしてね。

http://www.pilot.co.jp/frixion/info/index.html

この中で、マイクロカプセルという言葉が出てきます。

マイクロカプセルについては、3年前にやったんだけど、

===

マイクロカプセルは、目に見えないくらいの

とても小さな入れ物のことです。

カプセルには、液体や気体も詰めることができます。

また、ほかにもよい点があるので、いろんなところ

で使われています。

たとえば、香りのするハンカチ・お化粧品・色が変わるスキーウェア

などもこの技術から生まれた製品です。

紙のように薄いディスプレイに、文字や動画まで表現できる

という電子ペーパー。その電子ペーパーに使われている

電子インクには、このマイクロカプセルの技術が使われているんだ。

 ===

ってことで、このフリクションインキを作った、株式会社パイロットコーポレーション

さんが最初のケーキのおもちゃも作っているんだ。
このケーキのおもちゃは、お風呂で遊ぶもので、お湯に入れたりお水に入れたりすると

色が変わります。

お湯に入れるとオレンジ色のマフィンが

P1020647.JPG

バニラ色のマフィンに。

お水をかけると、

P1020648.JPG

オレンジマフィンに変わります。チョコレートケーキでもやってみたね。

他には、おふろでトミカとかもあるようです。=^_^=

 

フリクションペンとは、変化するときの温度がちょっと違うね。

 

ってことで、みんなには、紙コップに絵をかいてもらって、お湯を入れて消して、

冷却スプレーをかけて絵を戻してもらいました。

おうちに帰っても、食塩入りの氷水で試してね。

今回、電子レンジに入れたら、消えるんじゃないかな?

って言ったお友達がいました。

どうなるかな?

電子レンジは、水分がないと、温度が上がらないよね。

コップに水を入れると消えそうだけど、入れなかったら?

インクは、水分だよね。

どうなるかな?ってことで、今から、やってみるね。

 

わおーー!\(◎o◎)/! 

 

みんなも、やってみてね。

実験隊をやっていると、いろんな意見が出てくるから、おもしろいんだな。

今日も楽しかったです。(^_-)-☆

ありがとね。

おまけ 上記の文章中に ※1・※2と出てきたと思います。

※1

フリクションペンで書いたものをラバーでこすると色が消えると書いてきました。先の 株式会社 パイロットコーポレーションさんのサイトでもそうです。ただ、黒い紙にフリクションペンで書いたものを、ラバーでこすると、白く残ることがあるようです。

P1170747.JPG
上から赤フリクションボール・紫蛍光フリクションライト・黒フリクションペンボール・普通のボールペン
を左半分をこすって消しています。左半分が白く残っているようにも見えます。
 

※1の部分では、蛍光が見えたと書きましたが、もしかしたら、白く変化したインキも見えているのかもしれませんね。黒い紙に自分で絵をかいて、確かめてみても、おもしろいかもしれません。よく乾いてからこすって見てください。

確かに、白い紙では、消えた<ように感じる>かもしれませんが、黒い紙では、違って感じるかもしれません。

※2のところの写真の青色は、1本分のフリクションペンを分解して、

ぼきっとおって、ぽたぽた落としながら色付けしました。

一本で、あれだけ。

フリクションペンって、蛍光色以外は、細い(0.4とか)ペンが多いと思いません?

太くしたらいいと思うんだけど、それっだとインキがいっぱいいって、

文房具としては、お高くなるんじゃないかな。なんて思ったKUBOさんでした。

ではね。=^_^=


2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

最近のコメント