磁石の最近のブログ記事

シート磁石でくるくる工作

| コメント(0)
こんにちは、皆さん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

磁石の実験は、たま~にやるのですが、ちょっとおもしろいおもちゃを見つけたので、
それに合わせて工作もちょっと変化させてみたので、アップします。
基本的には、下記と変わりませんし、下記の方が、詳しく書いているので、
まずは、こちらをご覧ください。

P1150918.JPG
先のリンク先に付け足した演示は、
磁石にくっつくもので、下記のほかに、1000円札を紹介しました。
ネオジム磁石でくっつく様子が観察できますよ。
P1150919-1.jpg
あと、当日は、実際のものは見せられなかったけど、昔の500円玉もくっつきます。
あと、茶色のクレヨン(ぺんてる)もくっつきました。
下の画像は、SAKURAクレヨンの灰色。
どちらも、世界最強といわれている日本人が作った「ネオジム磁石」を使って観察していますよ。
ネオジム磁石は、100円ショップにも売っているので、ほかにも調べてみてね。
_20171007_071109.JPG
この、茶色のぺんてるのクレヨンがくっつくのは、こちらのサイト
http://scienceportal.jst.go.jp/reports/other/20171005_01.html
電子が磁石になる―「情報ひろばサイエンスカフェ」で研究者と市民が語り合う
「電子の磁石×くらし~分子の状態を見て、くらしをチェック~」をテーマに、
・・・・・「「情報ひろばサイエンスカフェ」は科学者などのさまざまな分野の専門家と
市民が科学や科学技術にまつわる話題や課題について自由に語り合う場として企画された。
今回の講師は自然科学研究機構分子科学研究所准教授の中村敏和さん、・・・・・
この中で、講師の中村さんが、一般的なビックリネタとして紹介されていました。
このサイトは、サイエンスカフェの雰囲気がそのまま感じられて、楽しく読めますよ。
ぜひ、ご覧ください。
おまけで、使い捨てカイロも!
P1150938.JPG
これは、ネオジム磁石(上)でなくても、よくあるペッタン(下緑色)でも、だいじょうぶです。
これ、使う前の使い捨てカイロですが、使った後のカイロはどうなんだろうね。
冬になったらやってみてね!
で、お友達が観察したのは、下記のものです。
DSC_0876.JPG
「さてつアート」という商品です。
さてつが入っています。
だから、こんな感じで、よくあるペッタン(SNがそれぞれの側になっている)とシート磁石
(SNがずっと並んでいる)の、磁力線のようなものを、お安く、ひとり一人が、観察できるのです。
こんな感じ!
よくあるペッタンは、こんな感じ
DSC_0947.JPG
真ん中が盛り上がっているのがわかりますか?
盛り上がっているのは、磁力線がこんなになっているから。
磁石ペッタン1.png
上図下の灰色の部分が盛り上がって観察できる
また、シート磁石の方は、こんな感じ
DSC_0948.JPG
よ~く観察すると、縞々になった部分がヨコシマ(磁力線の方向)にもなっているのがわかります。

DSC_0949.JPG
縞々になっているのは、NSNSと縞縞になっているのではなく、
こんな感じに、粗密になっているのです。
磁石シート.png
こういうことを観察してもらって、工作は、こんなものを考えました。
軍曹さんがしゃべっているので、音声はなしにした方がいいかな。。
上の軍曹さんは、ふわふわしているので、お友達は、つぶしてしまいそうだから、
下記のようにしました。
P1150936.JPG
この工作は、パタパタ蝶とかケロぴょんを参考にさせていただきました。
検索してみてね

で、青いモールがくるくる回る秘密ですが、ちょっとした工夫をしています。
下記の超音波振動モーターの足の部分を参考にして、ほんのちょこっとですが、
曲げています。
また、上の丸い部分の重心は、真ん中にするのがいいかな~。と思います。
案外簡単にできますよ。
実際にやってみよう!と思われた方でむつかしかったら、コメントください。
sketch-1506744789564.png
お友達には、この超音波モーターを見せようと思って持って行ってたのですが、
22141068_1441809172606385_3713876914789521351_n.jpg
お友達には、こっちの演示の方が、面白かったみたい!
KUBOさん、頑張って、ウヲ~~~!!って、さけんだよ!
DSC_0982-thumb-450x253-15830.jpg


よくあるペッタンって書いていますが、
最近は、NSNSと並んだペッタンも、多く出ているようです。補足しておきますね。
ってことで、おしまい!




こんにちは、みなさん。               おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

2016711日(月)いつもの東児童館で、磁石の実験をしてきたので、そのご報告です。ちょっと遅れてすみません。

いつものように、エキスポのKさんがいらしてくださいました!

sketch-1468755241422.png

後程、ご紹介しますが、磁石の実験も、一つ紹介してくださいましたよ!

===

磁石の実験は、ずいぶん昔にやったことがあるのですが・・・

磁石の実験ってKUBOさんがやれるものは、ちっちゃい演示なのですよね。だから、お友だちみんなで楽しめるわけではないので、あまりやっていませんでした。

今回は(も)、N/S極のことなどは、学校でのお勉強という事で、磁石の工作をしながら、お友だちに、身近にある磁石でも、ちょっと違いがあるという事を感じてもらいました。

ってことで、こんな感じで用意しました。

P1240736.JPG

磁石は、くっつく力があるみたいだけど、どんなものに付くのかな?ってことで、・・・

金属全部にくっつくのかな?と思ったけど、くっつかない金属もあるんだね。

P1240736 - コピー.JPG
くっつくのは、スチール缶。くっつかないのは、アルミ缶。

実は、鉄・コバルト・ニッケルという、

周期表というものの、

P1240737.JPG
このあたりにある金属にだけ、
P1240738.JPG

くっつくんだ。だから、缶のリサイクルなどに磁石が使われています。

くっつくもののおもしろいものとして、昔のビデオテープも、紹介したよ。

くっつく力は、磁力っていうんだけど、砂鉄というのを使って、見えるようにしてみたよ(画像はありません)。

棒磁石はこんな感じに色が塗られてるんだけど

P1240740.JPG

N極・S極っていうのがあって、同じ極同士だと、反発して、違う極同士だと、くっつくんだ。

みんなに磁石を配って、どんな動きをするか、観察してもらったよ。

P1240752.JPG
KUBOさんが、世界最強の、日本人が作ったネオジム磁石でを使って、手のひらを通してもその力は、伝わっているんだってことを見せたんだけど、みんなの磁石でも、できて、びっくりだったね!

バラバラ磁石の実験や鉄を磁化する実験をお持ち帰り資料には、書いてたんだけど、

Kさんが、おもしろい実験ネタを持ってきてくださったので、当日はKさんの実験を、みんなで、トライしてもらいました。

やっていない

磁石にくっつく硬貨などについては、こちらを見てね。

sketch-1468745165453.png

Kさんがやってくれた実験は、

磁石の上に、クリップを立てて、もう一つクリップをくっつけて、ゆっくり引き上げるとどうなるかって実験です。

Kさんは、NHKの2355という番組をご覧になったと言われ、考えるカラスでもやっていたと言われたので、探してみると、

下記から動画を見ることができるようです。

http://www.nhk.or.jp/rika/karasu/?das_id=D0005110307_00000

みんなもこんな感じでできたよ!

sketch-1468743546435.png
sketch-1468743696342.png
お友だちからは、3つだったら?4つだったら?
色が付いたクリップだったら?って質問も出ました。
 おうちでもできる実験なので、是非是非!やってみてね。
で・・・今回、工作は、2つやりました。
材料は、こんなもの。
P1240741.JPG
今回の工作は、【くるくる 磁石】や【パタパタ 磁石】などで、検索すると、いろいろな工作が紹介されています。そういったものを参考にさせていただきました。
まずは、磁石の力でくるくる回る工作。
これは、以前、くるくる磁石ゴマって名前でやったことがあるものです。下記に詳しくやったことを書いているので、参考にしてください。

上記のサイトでは、台を紙皿でやっていますが、今回は、シャーレを使いました。

まずは、磁石をくっつけたスティックを、丸いプラスチックをかぶった磁石に近づけてみたよ。反発するようにおいておくと、ひっくり返ったり、くるりんと回ったりしたね。

J1.png

シャーレにおいて、下からスティックを少し斜めにしながら、くるくるすると、丸いプラスチックの磁石は、くるくる回転したよ。

丸いプラスチックの磁石の上に、キラキラオリガミ・ベンハムのコマ・自作のシールなどを置いて、楽しんでもらいました。

みんな上手に回せたかな?

こちらは、ベンハムのコマバージョン

P1240768.JPGP1240770.JPG
sketch-1468746403620.png
こちらは、キラキラホログラムバージョン
P1240784.JPG
CDを回して立体的に見えるのを、
P1240783.JPG
磁石で回して、トライしてみました。
CDが立体的に感じる画像などは、こちらに入れています。
こちらは、パラパラマンガバージョン。
最初の画像のぐ~ぱ~とか、トリと鳥かごとか、ヒヨコと鶏をイメージして、作ってもらいました。
sketch-1468743231446.png
P1240773.JPG
これまでは、くるくるという動きだったのですが、
お次は、ぴくぴくバージョン

普通の磁石N極とS極が、下記図上のようになっているんだけど、カード式の磁石は、N極とS極が並んだようになっているよ。

J2.png

って、磁石ビュアーというものを使ってみてもらったのですが・・・

P1240749.JPG
こんな感じ。
P1240811.JPG
一番上が棒状(カード状)の磁石の跡・その下がその磁石
下左から、カード状と同じ並びになっている磁石の跡・その右がその磁石
下の、右から2個目が、普通の磁石の跡・その右がその磁石

カード式の磁石に多いんだけど、丸い磁石(上画像下左から2つ目)でも、そういったものがあります。ダイソーにもあるよ。

こういう並びだと、ピタッとくっつくことができるんだ。

ってことで、カード式の磁石を、くっつけて、ずらすと、ぴくぴく動きます。

sketch-1468743365518.png
楽しい動きだったね。
P1240775.JPG
今回は、簡単なぴくぴくだったけど、ご紹介したように、【パタパタ 磁石】などで検索すると、もっと工夫ができるかもしれないよ。おうちでやってみてね。
今日持帰った、丸い磁石のほうは、よくある磁石だけど、お持ち帰り資料に書いたように、工夫されたものもあるよ。
J3.png
磁石は、おうちや学校にいっぱいあると思うので、これはどんな磁石かな~。って調べてみてね。



硬貨いろいろ!

| コメント(0)

こんにちは、みなさん。

突然ですが?これな~~んだ?(゚ペ)? 

DSC_0978.JPG
硬貨のようですが、、、
これは、2016年4月20日発売の「新幹線鉄道開業50周年記念百円貨幣」です。
金融機関に行くと、100円玉と、交換してくれます。
まんなかのが裏で、表には、北海道・秋田・東北・九州新幹線のイラストがあります。
おそらく、100円玉と同じものでできているのかな?
って、これでは、理科ネタにならないので、理科ネタになりそうな、硬貨のお話に戻しましょうね。
これはなんでしょう?

P1030554

左上から、10円・5円玉に色は似ていますね。

すぐに正解ですが、上左側から

 → 真鍮(黄銅) → 炭素鋼

ステンレス(磁石つき) → ステンレス18-8(磁石につかない)

チタン → ジュラルミン → アルミニウム です。

性質や用途は、

:10円玉の材料

真鍮(黄銅):銅と亜鉛の合金・5円玉

炭素鋼:炭素を含んだ鉄・包丁などに使われていてさびにくい

ステンレス:とってもさびにくい こちらを読んでね

チタン:アルミのように軽くずっと強い・硬くさびにくい

ジュラルミン:アルミに混ぜ物をして硬くした合金。とても軽い・飛行機の材料

アルミ:軽くて柔らかい・1円玉・電気をよく通す

なんて感じですね。

ステンレスは、鉄が使ってあるけど、磁石にくっつくものとくつかないものがあるようです。

くっつくステンレスは、鉄にクロムのみ13%含まれているステンレスで、くっつかないのは、鉄にクロム18%ニッケル8%が含まれているステンレスです。ニッケルはステンレスを粘り強くさせるようです。

この写真の金属は、すべて、同じ体積。それぞれの重さは、8g から 27gまであって、手でもつとよりわかりやすいし、氷を置いても溶け方が違っておもしろいです。

これは、(独)物質・材料研究機構さんが、年に一度の一般公開の実験教室で使われているものを、無理を言って、頂いたものです。ちゃんとお役に立っていますよ~。

で、あとちょっと硬貨ネタを・・・

P1030575.JPG

左下から順に、白銅の500円硬貨 → 白銅 → ニッケル黄銅の500円硬貨

実は、現在の五百円硬貨は、右のニッケル黄銅の五百円硬貨です。銅72%・亜鉛20%・ニッケル8%のもの。

左のものは、旧五百円硬貨で白銅製。銅75%・ニッケル25%なのです。500の、【00】の部分がちょっと違うでしょう。色も、黄銅のほうが少し黄色っぽい。φ(・・*)ゞ ウーン

・・・高価な五百円玉は、偽造がしにくいよう材質を複雑にしています。電気の伝わりやすさも材質によって違うので、材質を複雑化すれば、自動販売機での不正使用のチェックもしやすくなります。・・・

ということで、2000年8月に、新しい五百円硬貨に変更されたようです。

この旧五百円硬貨は、自動販売機では使えないのだろうか? 調べてみてね。o(*^▽^*)o~♪

で、もう一つネタを

こちらは、磁石に硬貨をくっつけています。現在の日本の硬貨は、磁石にくっつきません。でも~。

50円玉2種類ですが、ネオジム磁石にくっついています。

こんな感じです。

P1070795

今の50円硬貨は、白銅:銅75%・ニッケル25%

一番上の、穴空き50円硬貨は、ニッケル100%

その下3つの、穴なし50円硬貨は、ニッケル100%

のようです。おうちの眠っている硬貨に磁石をくっつけて、探してみてね~。

おくだけ充電でUFO:電磁誘導

| コメント(0)
こんにちは、みなさん。
今日は、ちょこっとネタです。
理科好きの方は、ご存知の方も多いかもしれませんが、『電磁調理器でUFO』という実験があります。
電磁調理器の上に、アルミホイルを置いて、
P1190934.JPG
スイッチをオンすると、アルミホイルがふわっと浮き上がるのです。
こんな感じ
LEDや、豆電球をを置いたら、光りますよ。
KUBOさんは、こういったことは、不得意なので、どうしてそうなるかは、【電磁調理器のしくみ】などで検索してみてくださいね。
KUBOさんのUFOは浮き上がっては落ち、浮き上がっては落ちを繰り返しますが、これは、電磁調理器側が、なにかおかしいと思って、ストッパーを聞かせているのだと思います。
それで、先日、携帯の『ワイヤレス充電:おくだけ充電』は、電磁流動を利用していると聞いたのですが、なんと!充電器を分解した画像を手に入れたので、ご紹介しますね。
まず、おくだけ充電はこんな感じ
1487323_1511293489143032_2679728791057678502_n.jpg
分解したら、中はこんな感じ。
10672415_1511293545809693_1406179559605852308_n.jpg
しっかりコイルがありますね。
10850281_1511675549104826_3631259217328308964_n.jpg
10850321_1511675579104823_2127018724808486824_n.jpg
それで、もしかしたら、『充電器でUFO』できるかな?と思ったのですが、
これは、まったくパワー不足。残念ながらびくともしませんでした。
ちなみに、ドコモさんのサイトで、おくだけ充電のしくみについて解説していありますよ。
チェックしてみてくださいね。
さらに、ちなみにですが、画像提供者からは、
「間違っても電磁調理機で携帯電話の充電をやってみたりはしないで。」
ということでした!
補足として、簡単な電磁誘導の実験はこちらです。
これについては、他のブログに書いたのですが、下記でご紹介しています。簡単な材料ですぐにできますよ!
http://rikatanrikatan.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/rikatan-a015.html
遊んでみてね!
ただし、一応書いておきますが、
商品の使い方に書いてあるのは、ちゃんと守るようにしてくださいね。

ネオジム磁石で、自由研究!

| コメント(0)
こんにちは、みなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。
夏休みの自由研究などは、進んでいるかな?
KUBOさんが YOUTUBEにいくつかアップした動画の中で、再生回数が多い動画で、ちょっと簡単に遊べるものがあるので、ご紹介しますね(実は以前もアップしているのですが・・・)。
こちらです。

使っているのは、ネオジム磁石という強力な磁石と、アルミの惣菜ケースです。

ネオジム磁石は、100円ショップのセリアやダイソーにありますよ。

 487477_379199782200668_2127916535_n.jpg

ネオジム磁石を同数に分けて、間に糸を挟んでくっつけると、強力な棒磁石をつりさげた状態になります。

水面にお弁当のおかず入れのアルミカップを浮かせ、この強力磁石の糸をよじって回しながらカップの中に触れないようにおろしてつるす感じです。

これは、こちらの方から教えていただきました。他の似た事象についても紹介してありますし、解説もしてあるので、ぜひ、ご覧下さい。

理科おじさんの部屋:第86回
http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/86th/sci_86.htm

小学生の自由研究としては、ちょっと難しいかもしれませんが、おもしろい現象であることは間違いありません。

このほか、ネオジム磁石があれば、アルミの棒(これも100円ショップにある)に落とすと、ゆっくり落ちていくという現象が起こったり、楽しいので、お友だちと遊びたいのですが、おうちに持ち返った時に、安全に使えるかが心配なのですね。うっかり携帯電話に近づけると、画面がおかしくなります。

また、手を挟んだり、間違って、口に入れたりすると、大変なのですよね。

どうにかうまく安全に持ち返っても遊べる方法を考えたいと思います。


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

最近のコメント