植物の最近のブログ記事

こんにちは、みなさん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

先日、筑波実験植物園で、『ショクダイオオコンニャク』を見てきたのですが、
http://tsukuba-ibk.com/omosiro/2012/05/post-163.html

その後、筑波実験植物園のWebサイトで、この画像を見て、http://www.tbg.kahaku.go.jp/news/konnyaku/0527_2.html#kaika
確認したいこともあったし・・・
5月30日。またまた、お邪魔してきました~。

上記画像のツブツブ(KUBOさんは、ツブツブが苦手です)が入っているところは、こんな感じで、封がしてありました。

P1100765.JPG

ちょうど、みんなが見るところの裏っかわ。知らないと分かりませんよね。

お昼休みだったのですが、わざわざ園の方が出てきてくださって、対応してくださいました。ありがとうございました。

最初のWebサイトのツブツブは、上が雄花で下が雌花だそうです。下の雌花が先に熟すのだそうです

花粉を採取するために上記のようにカットして、人工授精させたそうです。うまく受粉していると、下の方が青くなるとか。

そうそう、以前ご紹介したときには、切れて、見えなくなっていた、画像も撮ってきました。

P1100769.JPG

30日のショクダイオオコンニャクは、こんな感じ。

P1100777.JPG

206cmより低くなっているようですが、まだ、倒れていませんでした。

KUBOさんは、最初、上の花序付属体の部分は、ざらざらしているような気がしましたが、園の方によるとスポンジ質で、下の仏炎苞はスイカの皮のようだといわれていました。こちらをご覧ください。
http://www.tbg.kahaku.go.jp/news/konnyaku/0601_2.html#kaika
誰もいない時に、ちょこっと触ってみようかな?と手を伸ばしたのですが。。。少しでも傷がつくのはよくないらしく、デリケートなのですね。

ショクダイオオコンニャクの成長の様子は、普通のコンニャクと似ているようで、こちらが参考になるかな?
http://www.konnyaku.or.jp/dekiru/f_dekiru01.html

ショクダイオオコンニャクも、『生子(きご)』を毎年掘り上げて、大きくして取り上げるそうです。保存するのも難しいようです。
もちろん、なかなか花は咲かないようで、実は、20年くらいかけて大きくし、うまくいくと2年くらい、ふつう7年くらいで、花が咲くそうです。最初にちょこっと出てくるのは、花芽か葉芽か・・・
ってことで、花芽が出ると、今回のように、大きさが話題になるのでしょうね。
ちなみに、隣に、『ゾウコンニャク(象こんにゃく)』の葉芽がありました。

P1100778.JPG

 おそらく、2m以上あったと思います。す~っと伸びて、上に傘のように葉っぱが開いています。

P1100780.JPG

  P1100779.JPG

休眠させて、芋を大きくして、葉芽が出て、また大きくさせて、花芽が出て、こういう繰り返しを『コンニャクサイクル』というそうです。

今回の花は

『1992年に種子をまいて育てたもので、開花に19年を要しました。』とチラシにはありました。そして、これが倒れたら、コンニャクでも作ってお祝いするのかな?なんて思っていたら、また、これを、休眠させて、次回に備えるそうです。もちろん来年花が咲くなんてことはありません。

現地では、こんな大きな花がいっぱい咲いているわけではないようです。それに、現地の方は、花が咲いたからって、特に珍しがったりするわけではないのでしょうね。(たぶん)

こんな本も出ているそうです。

P1100783.JPG

カラー写真がいっぱいで、詳しく解説してくださっているようです。探してみたいなと思いました。

ショクダイオオコンニャクは

・1878年イタリアの博物学者が発見したそうです。

・開花している時の肉穂は、39度くらいあるそうで、開花時に花の一部(付属体)が発熱して、あの臭いにおいがするそうです。

・めったに咲かない理由は、栄養の少ない土壌を好むことと関係するかもしれないとか。

・果実は赤く、小型のサイチョウが実を食べるそうです。

(実験植物園の方の資料より)

 次回の開花のときには、是非、においをかぎに行ってみたいなと思いました。

園の方には、わざわざご対応いただき、ありがとうございました。またまた、筑波実験植物園が、大好きになりました~。!(^^)!

KUBOさんのメモなので、間違ったことを書いているかもしれません。まだ、熱帯雨林温室には、ショクダイオオコンニャクが、あるようですので、実際にかれて、観察してみてくださいね。

こんにちは、みなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

筑波実験植物園で、ショクダイオオコンニャクが開花したと聞いたので、ちょっと
行ってきました。

P1100546.JPG

模型?の前で説明してくださいました。とっても丁寧。ありがとうございました。

P1100547.JPG

成長日記!園の方の愛情が感じられますね。(*^_^*)

P1100548.JPG

持ち上げるのが目的ではありませんって書いてあったのですね。(・へ・)

『食べるコンニャクは作ることができます。「ショクヨウダイオオコンニャク」と、
「コンニャク」は縁の近い親戚
同士で同じ属になります。現地では食用には
用いていませ
ん』筑波実験植物園のコンニャク新聞より

P1100549.JPG

持ち上げてしまいました。!(^^)!

P1100550.JPG

シデムシの役割について書いてあります。

横には、こんな展示も

P1100551.JPG

 

P1100552.JPG

ミジンコウキクサ
見にくくてすみません。(>_<)

そしていよいよ熱帯雨林温室の中へ。まずは、2階から。においはしてるかな?

P1100556.JPG

P1100558.JPG

アップ

P1100562.JPG

正面から。スカート(仏炎苞)の部分は、すぼまってました。(・へ・)

そして匂いもしていませんでした。(>_<)

P1100563.JPG

 『ラフレシアは花そのものが最大で、ショクダイオオコンニャクは、花序(たくさんの花
の集まり)が最大です。菊の花も一つの花に見えますが、たくさんのちいさな花の
まりです。』
筑波実験植物園のコンニャク新聞より。

P1100565.JPG

香りの成分は、『ジメチルトリスルフィド』だとか。ヘクソカズラに似ていると、解説の
方が言われていました。
普通のこんにゃくも、10分の一くらいの香りはしているとか

P1100568.JPG

横から。
このショクヨウダイオオコンニャクは、1992年に種子をまいて育てたもので、
開花にに19年を要しました。2
012年4月12日に花芽が出て5月25日高さ2m6cmで
開花しました。
筑波実験植物園のコンニャク新聞より

P1100569.JPG

アップ

P1100570.JPG

アップ!

花序付属体。ここが匂うのです。
触れなかったのですが、見た目は、ガサガサしている感じがするんだけどな。
この後、この部分は、たおれるのだそうです。そして、中に入っていたシデムシ
などは、出てこれる。!(^^)!
その後、芽が出て新しい葉が出てくるそうです。

P1100571.JPG

アップ!!

P1100676.JPG

38℃になった時は、湯気が見えて、においもすごかったらしいです

P1100677.JPG

この日に行けたらすごかったでしょうね。

P1100748.JPG

そして外の食用コンニャクへ

P1100751.JPG

サトイモ科です

P1100756.JPG

50cm位かな。

P1100757.JPG

ウラシマソウに似ていますね。

今回は、においがかげなくて少し残念でしたが、ショクダイオオコンニャクは、意外と
エレガントだなと思いました。!(^^)!

他にもいろいろ写真が撮れたので、少しずつアップしていきますね。

ショクダイオオコンニャクの追記は、こちら。

http://tsukuba-ibk.com/omosiro/2012/06/post-165.html

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

最近のコメント