音の実験 

| コメント(0)
こんにちは、皆さん。       おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

音の実験時の動画をアップします。
まずは、モノコード。
これは、ハカセこと、芳賀和夫先生のサイエンスキッズで工作させていただきました。
ハカセオリジナルということではないと思います。どなたかのサイトを参考にしてらっしゃると思います。
最初は、ハカセと工作したモノコードです。
弦の長さを変えると、ドレミファソラシドと奏でてくれています。
うしろに、PCで波長をグラフで表しているのですが、これは、ご参考という感じで
おいているので、余り正確なものとは思わないでください。
で、そのあと、自作モノコードをはじいています。
これは、お友達に演示したときに、
ハカセのモノコードで、弦が長い場合と短い場合で、音の高低に違いがあるでしょう
という演示をやるのですが、いまいち伝わりにくいかな?と思ったので
自作したものです。
弦は、杭に沿ってこの字になっているので、テンション(張り)は同じです。
これを考える前は、
長さの違う弦を2本作って、それで高さが違うでしょう!としようと思っていたのですが、
それでは、それぞれの弦の張りは、同じとは言えないので、
正確な演示とはならないと思いました。
だから、コの字にして、同じテンションで、かつ、長さが違う弦を作ってみたのです。
いかがでしょうか~。

ちなみに、後ろの黒い箱につけると、音は大きくなります。
ギターやチェロの本体のような働きです。音が豊かになりますね。
箱は、ちょっとギターっぽい絵が書いてありますが、ダイソンです。
硬くてしっかりして深さもあっていいです。
穴をあけて、音が広がるようにしています。

ちなみに、軍曹さん的には、こんな感じで演奏しています。(^^)v
35050060_1690173524436614_7930042145761656832_n.jpg
失敗した2本での演示はこんなイメージです。
35067514_1689424904511476_2685625492362493952_n.jpg
ハカセのモノコードは、こんな感じ
DSC_1672[11590].JPG
次は、音の高低は、何が関係しているのか?ということを説明するための
演示です。
音の高低は、振動数の違いで起こります。
振動数が多いほど、高い音になります。
で、電動ドリルを使います。
この電動ドリルは、無段変速(ゆっくりから高速回転)が、レバーの引き方
で調整できます。
電動ドリルは、意外とお高いのですが、ホームセンター(ホーマック)
の、オリジナル製品で、2000円台で購入できました。
これを、メガホンに当てて、回転速度を上げながら(振動数を大きくしながら)
音を出しています。
うしろのタブレットに最初の動画と同じく、グラフが出ているのですが、
これは、本当に、いまいち、音階っぽく拾っていませんよね。
でも、なんとなく、最初の方で、ドレミ~。。。くらいは、聞こえるような気がします。
これっていわゆる「パーティー効果」なのかな?
沢山の雑音の中でも、ドレミって聞こえるよと思って聞くと、
そう聞こえているような気がしませんか?
ってことを最初に思ってから!
動画見てくださいね~。!(^^)!

コメントする

ウェブページ

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ