レジンでジオネタ(剥ぎ取り編)

| コメント(0)
こんにちは、皆さん。       おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

11月10・11日に、つくば市のカピオで、つくばサイエンスコラボが行われます。
つくば市で行われる、科学の祭典って感じですね。
小学校・中学校・高校・研究所さん・企業さんが一斉に出展されて、
子供も大人も、科学に浸れる楽しいイベントです。

実験隊は、一昨年までに2回出展さんせていただき、昨年度は、お休みしましたが、
本年度は、出店しようと思っていますよ!
カピオ内部ではなくて、お外のテントですが...
大人と子供の科学ボランティアも募集しています!
アイラブつくばのご支援をいただき、
大人には、謝金・子供には、謝礼があるので、
ぜひぜひ!遊びに来てくださいね。
皆さん、謝金や謝礼が目当てっていうより、楽しいので、参加してくださっているって感じです。
これは、また別途お知らせします。
ちなみに一昨年度の様子(やったこと)は、こんな感じです。
本年度は、レジンクラフトを行い、プラスチックについて、解説できたらなと思っています。
また、化学と地学の融合ということで、
レジンと地層の剥ぎ取りを融合させた工作を考えています。
今日は、その工作の試行段階ですが、お知らせしますね。
良いアイデアやこうしたほうがいいのでは?ということがあれば、
お知らせくださいね!
まずは、シリコーンモールドに、レジンを入れて形作ります。
レジンクラフトなら、もっとデコレーションしたり、工夫するでしょうが、
今回は、レジンがどうして、硬化するかとか、そういったことを説明しようと思っています。
こちらの感じ
下記のように、ぷーどるちゃん!
DSCN0163.JPG
上記画像の左下のプードルちゃんは、少しピンクに色づいていると思いますが、
それは、温度で色が変わる赤い色粉が入っているからです。
もともと、液体のときは、赤です。それが紫外線を当てると、化学変化を起こし
その熱で、白(透明)になります。
出来上がったばっかりは、白っぽいですが、冷めてくると、ピンクから赤くなります。
色の話は、上記リンク先にも書いていますよ。
で、紫外線ライトに当てている間に、上記画像右下のような模様(好きにしてよい)
を、クリアホルダーに描きます。油性マジック、マッキーです。

で、出来上がったプードルちゃんのつるつるしたほうに、
レジンを再び塗り、その上に、先のマジックで書いたものをペッタンと乗っけて、

DSCN0165.JPG
また、紫外線ライトを当てます。
できたら、剥がすと、
下画像右のように、クリアファイルに書いていたものが、写し取られます。
DSCN0167.JPG
時間がたって、赤くなったのが画像した右。
DSCN0168.JPG
左半分だけ手で触って温めたら、画像した右のようになります。
この顔料は、31度くらいの温度で変化が起こり始めると書いてありました。
DSCN0171.JPG
模様を描いたものを貼って、はぎ取って、転写させるというのは、
地層の剥ぎ取りの方法の説明に使われるのではないかな?と思っています。
これから、勉強しますね。
それと、化石作りもどきもできるんじゃないかな?と思っています。

もっともっと簡単に、すると、こんなこともできますよ。
クリアファイルに、絵を描いて、もう一つのクリアファイルにレジン液を乗っけます。
DSCN0151.JPG
それを、ぺったんことあわせます。
DSCN0152.JPG
そのまま、紫外線ライトを当て、剥がします。
下画像右は、上にのっけていた方。
左は、まだ、乗っかってますが、この後、剥がします。
DSCN0154.JPG
自分で描いた絵がはぎ取られて、うっすい、プラスチックのシートができます。
DSCN0155-1.jpg
これは、とってもお手軽です。
いまいちびっくり感はないですけどね~。
赤くなっているのは、温度で、変化が起こっています。
手のひらに置いとくと、色が変わっていいなって感じです。

今回のプードルちゃんは、もっともっとバージョンアップさせなければと思っています。
ぜひ、楽しみにしていてくださいね!
DSCN0143.JPG
ちなみに、上記の画像のものも、剥ぎ取りで作っています!
では~。

コメントする

ウェブページ

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ