カッティングミラーの変更について

| コメント(0)
こんにちは、みなさん。   おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

鏡の実験の際に、使い勝手がいいのが、カッティングミラーです。
KUBOさんは、ケニスさんのカッティングミラーを使ているのですが、以前(おそらく消費税改正前)のものと、現在のものでは、違いがあるようなので、書いておこうと思います。
現在、販売されているのは、こちらです。
カッティングミラー5枚組 大きさは、30×22.5㎝です。
以前は、30×24㎝
お値段は一緒だと思うので、消費税の改定のための対応かなと思います。
大きさが変わっていたのですね。
これまで、鏡の実験では、1枚の鏡のカットサイズ6×6㎝で工作の準備をしていたので、以前の大きさでのカットでは、半端がいっぱいできますね。カット幅を変えるにしても、以前のものが残っているので、合わせて使うわけにはいかず・・・
ちょと悲しいことに。
でも、まあ、これは、しょうがないことでしょう。

ただ・・・・・もう一つ、変わっていたことがあって・・・

残念なことに、保護フィルムの表と裏での、青と透明が、これまでと、逆になっていました
大きさの変更は、しょうがないことだと思っていましたが、保護フィルムの色がこれまで使っていたのと、違うのは、ちょっとショックでした。理由があるのかな?
以前のものと、新しいものを一緒にしたので、こどもたちの工作時、うまく説明できず、ひどくやりにくくなってしまいました。
P1200435.JPG
現在のものは、右。青色の保護フィルムがついている方が裏で、透明な保護フィルムがついている方が鏡の面です。
以前のものは、左。青色の保護フィルムがついている方が、鏡の面でした。
もちろん、商品の変更は、普通にあることなので、しょうがないのですが、今後、カッティングミラーを使われる方は、事前にチェックして、注意された方がいいと思います。
実際、お手伝いしている雑誌の記事では、「青のフィルムを取って鏡の面を出し...」みたいな感じの記事を書かれた方もいらっしゃいました。
このカッティングミラーは、お安いし、少し静電気が発生するのが怖いのですが、使い勝手がいいのは、確かです。
だからこそ、アップしておきたいという気持ちもあります。
くれぐれも、書いておきますが、しょうがないのですけどね。(^_^;)


コメントする

ウェブページ

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ