こんにちは、皆さん。        おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

このブログの方は、通常の実験教室の流れが多いのですが、
最近は、『ハンドメイドサイエンスラボ』というテーマで、
身近なものを使った理科ネタを書いているので、
FBページの方は、そういった小ネタをどんどんアップしているので、ぜひ、ご覧くださいね。

で、今日は、小ネタなのですが、面白いので、こちらでもアップしておきます。

こすると書いた文字が消えるフリクションペン、面白いですよね。
熱を加えると消えて、冷たくすると、復活する。
こちらなどにアップしています。
また、右の検索窓から「フリクション」と入れていただくと、いろいろネタを入れてます。

フリクションインキで書いたものは、白い紙では、確かに消えたように見えるのですが、
黒い紙だと白く残ってしまう気がしていました。
P1170747.JPG
実験隊も以前は、下記のように書いていましたが、
下記の「白く変化したインキ」という部分は間違いだったと気づきましたので、
検証していきますね。
以前の文章
===
もしかしたら、白く変化したインキも見えているのかもしれませんね。
黒い紙に自分で絵をかいて、確かめてみても、おもしろいかもしれません。
よく乾いてからこすって見てください。

確かに、白い紙では、消えた<ように感じる>かもしれませんが、

黒い紙では、違って感じるかもしれません。」

===

では、ここからが検証。

下記は、『ハンドメイドサイエンスラボ』←そのうち本になったらうれしいな
に書いているものを交えながら、進めていきます。

===

あれれ~~?!

(株)パイロットコーポレーションさんのサイトには、

「フリクションインキは65度以上で消色し、・・・」って書いて

あるのに、白く残っている。・・・

でも、よく読んでみると「消色」とありますね。

消色とは、色が消えること。インクの粒の色が消えているのでしょう

もきっと粒は残っているのですよね。もう少し深めてみましょう。

いくつかラボしたのが、下の画像です。

P1160248.JPG
ちなみに黒い紙は、少しざらつき感のある、工作用紙です。
上に見える緑と青の折り紙でも検証しましたが、黒が判別しやすいので、黒で検証しています。
また、比較として、一番上には、普通のボールペンで書いたものも置いています

左の白い紙のものは
白い紙に書いてラバーで消したもの。
右半分を消しています。
わかりやすいように、書いた部分の一番右端は消し残して
おいてどのくらい消えたかわかるようにしているつもりです。
次は、黒いものの一番左
黒い紙に書いて、ラバーで消したもの
右半分を消しています
通常の操作を黒い紙でやりました。
消した部分が白く残っていますね。
でも、これだと、ラバーの消しカスが、書いたものの筋に入り込んで
白く感じていると思われてはいけないので、
その右隣の2つをやってみました。
ちなみにペンの一番上の赤い普通のボールペンで書いた部分も、ラバーで消す
操作はしていて、
画像のように、赤いボールペンの部分は何も変化がないので、
紙の消しくずで白く見えるかという検証はできていると思います。
最後は、その隣の、2つの黒いモノ
2つはごく低温(100度まで行ってない)のアイロンで消したものと
電子レンジに入れたもの。
明らかに白く残っています。
こうなると、
フリクションインキは熱を加えると白く変化すると思いたくなるのですが...
パイロットさんは間違っている!?
いえいえ、そんなことはないと思います。

■ラボネタ:透明と白の違い!?

唐突ですが、水は何色ですか?雪は何色ですか?

水はもちろん透明で、雪は白でしょう。では、水の分子は?

水の分子は、限りなく透明です。でも、同じ水の分子でできている雪は、

白く感じますね。

自ら光を出していない物質は、他からの光を反射したり屈折したり

することによって、人間に見えるようになります。

水は、ほとんどの光を透過するので、人間には透明に見えます。

雪の結晶一つ一つは、まだ透明ですが、その結晶が集まると、

光が表面でいろいろな方向に反射するようになり、人間には白く

見えるのです。透明なガラスが割れて粉々になると白く見えるの

と一緒です。ほかの例としては、曇りガラスは表面の凸凹で光が

いろいろな方向に反射されて曇って見えるのですが、水をかけて

表面の凸凹をなくすと透明になり向こう側が見えるようになるこ

とが挙げられます。

黒い紙にフリクションペンで書いたものを消してみると、白く残

って感じたのは、消色して透明になったインクの粒の表面で反射が起こっ
ていたのかもしれ
ません。

===

と結びました。

このほかにも、蛍光のフリクションの場合、うっすら白く見える

(先出のブログに書いている)こともあるので、

他のことも少しは関係しているかもしれませんが、

また、粒である、マイクロカプセルが光の波長と比べてどのくらいか
など、検証の余地はあるとして、いかがでしょうか?

ちなみにですが、白い紙に書く分だと、この白く見えることは問題ないと思います。
(株)パイロットコーポレーションさんのサイトには、サイトには、フリクションインキの開発のご苦労な度が書いてあります。

ぜひ、ご覧くださいね。

http://www.pilot.co.jp/promotion/library/006/index.html


水中エレベーター(浮沈子)

| コメント(0)
こんにちは、皆さん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

お久しぶりですが、実験隊のFBページの方では、アップをいろいろやっているので、
そちらも、見てくださいね。
下記をクリックして、その後出てきたものをクリックしてください。
おそらくFBをやってない方もみられるのではと思います。
で、今日は、1月末に行った、いつもの東児童館での、実験隊のご報告です。
今回は、いつもお手伝いしてくださっている、Kさんがやってくださいました。
また、いつもお手伝いしてくださっている I さんに加え、「おにいさん」もお手伝い
してくれました。
お兄さんは、以前、実験隊にも参加してくださっていたんですよ。
本当に、『お兄さん』になって優しくお手伝いしてくれましたよ。
ありがとうございます。

では~。
今回は、Kさんにすべてお任せしたのですが、テーマは、
『水中エレベーター』です。
これは、浮沈子といった方がお分かりの方もいらっしゃるかもしれませんね。
KUBOさんは、いまいち苦手だったので、やったことなかったのですが、
お友達には、とっても人気でしたよ。

Kさんは、水に浮くものや沈むものを、いろいろ用意してくださいました。
実際にお友達に、実験してもらって、
どんなものが沈むか浮くか
また、どうやったら浮いていたものが沈むか
考えてもらいました。
P1160223.JPG
みんな楽しそう!
そして、お友達は、学校で、学びあい?とかやっているのでしょうね。
仲良く、テーブルごとに、話し合いみたいにして、考えていましたよ。
P1160225.JPG
InkedP1160224_LI.jpg
いろいろ意見が出た後、
InkedP1160226_LI.jpg
Kさんは、魚の浮袋のお話をしてくださいました。
InkedInkedP1160222_LI.jpg
そのあと、お待ちかねの水中エレベーター!
Kさんの演示に、知っていても、びっくりするお友達もいっぱい!
やっぱり人気なのですね~。
InkedP1160227_LI.jpg
ひとり一人で、水中エレベーターを作りました。
やっていると、うまくいかなくなるお友達もいて、
Kさんが、コツを教えてくださいました。
InkedP1160228_LI.jpg
こちらは、2回目のお友達の様子。
InkedP1160229_LI.jpg
こちらは、Kさんが用意してくださったほかのバージョンです。
P1160230.JPG
下は、チェーンがついています。
たれビンが沈むと、チェーンも下がるので、全体の重さが軽くなります。
だから、動きが違ってきます。
なかなか、奥深いですね。
P1160231.JPG
こちらは、
たれビンの下が羽になっているので、くるくる回ります。
面白い動きです。
P1160232.JPG
この辺りは、Kさんが用意してくださった、お持ち帰り資料に書いてあるので、
おうちで、変化させられたらいいなと思います。
ぜひ、トライしてみてください。

Kさん、Iさん、お兄さん。ありがとうございました。

実験隊の、妄想チラシ。

| コメント(0)
こんにちは皆さん。                 おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

今年も、よろしくです!

今、妄想中の、女性向け実験サロン!
妄想ついでに、チラシを作ってみました。
実は、誤字もいっぱい見つかったのですが、
修正は、妄想が現実になった時に!
実験隊FBページにアップしてます。
現実になるよう、期待しててね。

実験隊のFBページ

| コメント(0)
こんにちは、皆さん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

実験隊のこのブログでは、実験の流れを中心にアップしています。
だから、小ネタなどは、あまり載せていません。

実験隊のFBページの方では、ちょっと思いついた、簡単にやれる、小ネタを
アップしております。
ぜひ、のぞいて見てくださいね。
最近の実験隊FBページの流行は、
『ハンドメイドラボ』です。
おうちでできる実験を、ちょこちょこアップしていますよ。
おそらく、FBをやってらっしゃらない方も、ご覧になれると思います。
今日のカバー写真は、こちらです。
25399200_1515087485278553_5440513616446945524_n.jpg
メリークリスマス!

こんにちは、皆さん。    おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

いつもの児童館で、VRの装置についての実験教室をやってきたので、
その流れをアップしますね。
そもそも、VRを体感するには、こんなゴーグルをつけます。
P1250038.JPG
ゴーグルの中は、ものすごいことになっているのかな?なんてKUBOさん思ったのですが、
案外シンプルで、
2つの凸レンズ、虫眼鏡みたいなのがついています。
そして、スマホなどを挿入して、動画を見るわけですが、
P1250041.JPG
ちなみに上の画像は、実際に見るときは、バスが映っているスマフォは、
レンズの奥に設置します。
どんな画面が見えているかというと・・・
P1250040.JPG
こんな感じで、右目用と左目用の2つの画像になっています。
で、今回は、どうして、2つの凸レンズと、2つの画像でVR体験ができるかと
いうことを、解説してみるのが、一番の目的!本題です。
で、用意した板書は、こんな感じ。
①~④の順番でやっていきます。
DSC_1156.JPG

まずは、
①虫眼鏡はどんなことができるかな
ってことですが、
ゴーグルをお友達に、見せたときに、虫眼鏡があるって、気づいてくれました。
虫眼鏡は、ものを大きく拡大することができます。
DSC_1157.JPG
これ、覚えといてね。
後でまた出てきます。
で、
②コーンの実験
この黄色いコーンは、どうしてみんなに見えて、ここにあるって、わかるんだろう?
P1160092 - コピー.JPG
黄色いコーンは、黄色い光をいろいろな方向に跳ね返していて、
みんなの目に届いています。
DSC_1158.JPG
神田さんの目にも。
神田さんの目からビームが出てるんじゃないよ。
そして、右目だけで見ると、右目に届く光の線上のどこかに、コーンがるように
感じるんだ。
左目も一緒。
P1160129 - コピー.JPG
それで、両目で見たときに、左目のものと右目のものが重なったところに、ものがあるんだ!
と人間は、思うのです。
重なったところっていうのが大事です。
そして、ただ本当は、、コーンが見える(重なっている)ということだけで、
判断しているのではなく、その周りのものや、光の当たり具合などなど、・・・
いろいろな情報を瞬時にとらえながら、人間の脳は、ものがそこにあると
判断しているんだけどね。 すごいね。
みんなも、やってみたよ!
P1160133.JPG
片目だけで見たら、つかめるようなんだけど、つかめない~。って気づいてくれた
お友達もいたね。

次は、
③シー!の実験
鼻の頭にくっつけるような感じで、シーって感じで、指を立てて、右目と左目で
見てみるよ。
P1160134 - コピー (2).JPG

そうすると、
両目で見ると、指が見えるんだけど、
片目で見ると
指紋が見える方と爪が見える方と、右目と左目で違うように見えます。
DSC_1172.JPG
近くだとすごく離れて、遠くだとそんなに離れないで、見えます。
右目と左目では、そんな風に違うものが見えてるんだけど、
その2つが重なったところに、指があるように、感じるんだ。
DSC_1173.JPG
さっきのコーンの重なったところというのが、ポイントになっているね。

で、次は
④ハカセの跳び箱
例えば、ハカセが跳び箱をしているとしたら、
正面から見たらら、下画像上のように見えるだろうけど、

右側と左側で見たことをイメージしてみたら・・・
下画像下の二つのように見えるんじゃないかな?
DSC_1160.JPG
右側=右目・左側=左目ということです。
だから、
下の画像のようなものを、
右目と左目で、見えるであろうものを、並べて
それぞれを右目左目で見るようにして・・・
DSC_1161.JPG
さらにその画像が、下の画像のように、重なってくれたら・・・
DSC_1163.JPG
正面でハカセが、跳び箱をしているような、VR体験できそうなんだけど、・・・
重なったように、感じるのは、ちょっとむつかしいんだよね。
だって、ただ、並んであるものを見ただけだもんね。
そこで、
①の虫眼鏡の実験。
虫眼鏡は、ものを大きくすることができる。
だから、上の上の四角で囲まれた画像の前に、
それぞれ、虫眼鏡を置くと、
ハカセは、大きくなって、目には見えるので
こんな風に、
DSC_1164.JPG
なんと!重なるところが出てくるよ!

そうすると、脳は、おやおや~。と思ってきて、
ハカセが重なってくれそうなところで、跳び箱しているかも!
なんて思うんだよ。
それで、VR体験できるわけです。
早速、お友達も、トライ!
P1160113 - コピー.JPG
すぐ、見えたみたいです。
こういったレンズを使う方法で、ステレオグラムというものがあります。
ステレオグラムは、ものを見たときに右目と左目で見えるであろう画像を2枚並べて、
それをそれぞれの目で見て脳に伝えることによって脳が判断して、あたかもそこに
ものがあるように見せる(VR)方法です。
なれてくると目で見るだけ(ぼーっと遠くを見る感じ)で体験できるんだけど、レンズが
あるとより簡単に体験できます。
VRの装置は、むつかしそうかな?と思っていたけど、こういった、ステレオグラムと
同じ方法なんだね。
ステレオグラムの装置も紹介しながら、VRの装置の説明をしているのが、下記です。



KUBOさん、頑張って、絵を描いてきたので、いろいろな画像を見ながら、
お友達は、理解を深めてくれたかな~。
DSC_1166.JPG

ちなみに、KUBOさんがどうやってイラストを描いたかは、こちら
お友達は、イラストに、自分で色も塗りました。
P1160123 - コピー.JPG
シャボン玉やクリスマスの飾りや矢印に色を塗ったら、より、効果大だったね。
P1160124 - コピー.JPG
全く同じように、塗らないと、リアルな体験はできないよ。
では、今日は、どんな装置で、お友達は、体感したかというと...
こちらは、実験隊のFBページです。
今回の装置にたどり着くまでのことを書いているので、時間があれば、ご覧ください。
案外、FBページには、いろいろアップしてますよ。
https://www.facebook.com/o.f.jikkenntai/posts/1491714700949165

今回、準備したのは、こちらの商品
DSC_1144.JPG
100円ショップキャンドゥで、一つ108円!
これに、スマフォを装着するだけで、VR体験ができます。
ちなみに、セリアにも、108円であります。
セリアの方は、最初に軍曹さんが見てた、ゴーグルと同じで、全部が覆われています。
全部が覆われたほうが、より、その世界に入り込めるので、効果は高くなるのですが、
今回は、イラストを挿入してみたかったので、キャンドゥの商品にしました。
アトラクションなどで体験できるVRの装置は、たくさんの情報を持たせたり、
グローブなどを装着することで視覚だけでなく感覚や聴覚などを刺激して、より
仮想現実感を上げています。
ほかにも、コンピューターを駆使して、情報のやり取りなどができるようにしたりして
より付加価値を付けていろいろなVR装置が開発されているようです。

キャンドゥの商品は、スマフォを装着する隙間があります。
そこに、今回は、KUBOさんが描いたイラストの紙を差し込むので、隙間が大きす
ぎるので、手持ちの棒になる板をセロハンテープで止めておきました。
下画像右の黒いもののこと。
DSC_1165.JPG
下画像の左の黒い部分のこと。
奥に、商品の箱に、使い方が載っているので、拡大して、見てみてね。
DSC_1171.JPG
こんな感じで見ます。
DSC_1145.JPG
こんな感じで見えてます。
DSC_1148.JPG
DSC_1150.JPG
左目はこんな感じ。
DSC_1152.JPG
右目。
DSC_1153.JPG
こういった感じで、
右目で見えるであろう画像と
左目で見えるであろう画像を
右目と左目のレンズで拡大して、脳に伝えます。
すると、画像が重なり、
あたかも、ハカセが実際に跳び箱をしているように、感じます。

スマフォなどを使うときには、おうちの方の了解をもらって、
一緒に実験してみてくださいね。
今日のお持ち帰り資料の、一部は、下記です。

0001 (2).jpg
PDFはこちら

おまけとして、お持ち帰り資料に書いてたんだけど、

こんな間違い探しも、ステレオグラムの方法でさがせるよ。
VR1.png

ステレオグラムの方法で2つのイラストを見ると、間違いの部分がなんだか、ちらちらしたり変に感じたりします。きっと脳があれれ~。ってなっちゃってるんだと思うよ。答えやは5つ。
こういうのも、違うところが、なんだか変に感じるよ。
VR2.png
こちらにも書いています。

一度に右目用と左目用の写真が撮れちゃうカメラについては、こちら

今日は、神田さんといつもの優しいIさんがお手伝いしてくれました。
また、ほか児童館のお姉さんも、いらしてくださいました。
おうちの方の参加も、大歓迎ですので、ぜひ遊びにいらしてくださいね!

もしも、キャンドゥの商品を購入された方がいらしたら、
こちらの画像を見てみてください。
おおよそ、人ます4㎝くらいになるようにしています。
プリントアウトしてもいいし、
タブレットなどで、人ます4㎝くらいに拡大させて、そのまま見てもいいです。
VR実験隊.jpg
もし、実験教室などで、使われる場合は、ご一報いただけたら、
詳しい説明などさせていただきますので、よろしくお願いいたします!


2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

最近のコメント