看護オノマトペ法」ご案内

| コメント(0) | トラックバック(0)
  筑波大学医学医療系 高齢者ケアリング学分野松田研究室で このほど作成された 「起立前のかけ声を活用した「看護オノマトペ法」原案・監修 研究代表者 松田ひとみ教授のもと、岡本先生、荒木先生、青沼先生が長年取り組まれてきた、高齢者の起立時血圧低下と転倒を予防・改善するための方法が「起立前看護オノマトペ法」(医学監修;柳久子教授)として DVD作成 家内ともにお手伝いする機会をいただいた。

 年寄りは椅子などから立ち上がるときに、どっこいしょ!(よっこらしょ!)などのかけ声をかけながら立ち上がるが、これでは息を吐きながら立ち上がるので、血圧低下を伴ってしまうが、どっこいしょと声を出してから、立ち上がる動作に入ることで、息を吸いながら立ち上がることになり、立ちくらみを予防できる。
 お問い合わせ先;筑波大学医学医療系 松田ひとみ教授
           029-853-2944 e-mail; matsuda.hitomi.fn@u.tsukuba.ac.jp

IMG_2160.JPGのサムネール画像IMG_2161.JPGのサムネール画像

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tsukuba-ibk.com/admin/mt-tb.cgi/1784

コメントする

このブログ記事について

このページは、junが2017年8月20日 14:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「森の生きもの地図づくり」です。

次のブログ記事は「まつりつくば2017」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja