2012年5月アーカイブ

CIMG3058.JPG CIMG3065.JPGNHK水戸開局70年「ニュースワイド茨城」キャラバン放送が、5月21日(月)~25日(金)午後6時10分~7時、「これまでも これからも魅せます」をテーマに地域の魅力や元気を放送してくれることになり、23日(水) TX研究学園駅前のショッピングセンター「イーアスつくば」1階センターコートから公開生放送がありました。

ロボットの街つくば市は、「つくばモビリテイ ロボット実験特区」の認定を受け、搭乗型モビリテイロボットの公道実験が行われています。 セグウエイをはじめ、マイクロモビリテイ(車いす型ロボット)、移動支援ロボットや アクトロイドF等と一緒に 年寄りをいつまでも元気にと介護予防に活躍している体操するロボットたいぞうくんも15名の指導士と会場に集まったたくさんの人たちと一緒に楽しんでもらった。                                                                        

CIMG3067.JPG

CIMG3002.JPG筑波山への登山コースはいくつもあり、各コースともよく整備されている。

勿論ケーブルカー、ロープウエイもあるので誰でも簡単に男体山、女体山の頂上へ行くことができる。

筑波山神社近くの宮脇駅からはケーブルカーで男体山へ、また筑波山神社鳥居脇を右に約2キロ北東にあるつつじヶ丘駅からロープウエイで女体山へ上ることができる。

登山道では 筑波山神社大御堂からケーブルカー沿い「御幸が原コース」男体山山頂(標高871m)まで約2キロ登り90分くらい、右へ行くと「白雲橋コース」女体山山頂(877m)へ2.8キロ、途中酒迎場で左へ、弁慶茶屋跡まで登り約70分、弁慶茶屋跡から女体山まで40分位。

ロープウエイつつじヶ丘駅から「おたつ石」コースだと女体山頂まで1.8キロ(標高差350メートル) 途中草原の爽やかな空気を満喫し、続いて鬱蒼と茂るサワラとスギの林を抜け約40分で弁慶茶屋跡、白雲橋コースと合流、つづいて杉の巨木、巨石奇岩を縫うように超えると平坦な道に 標高700メートルあたりに広がるブナ林に入ります、途中足元の草花、野鳥のさえずりを楽しみながら、岩場に気をつけ山頂へ、天気の良い日は関東平野を一望に楽しむことができます。

 

CIMG3001.JPGのサムネール画像←ニリンソウ 

         

ミミガタテンナンショウ↓

CIMG2996.JPG CIMG3004.JPG                 国割り石 ↑    ブナの新芽 ↓

CIMG3010.JPG 

 

 

 

 

 

 

CIMG3003.JPG CIMG3012.JPGNPO法人つくば環境フォーラムが筑波山の自然を伝え守るために3年をかけて編纂した-筑波山自然インストラクターハンドブックが刊行このほど発行された。 この機会にハンドブックを実際の場所に即して筑波山を説明できるよう実習研修が行われ参加してきた。

筑波山は火山ではないに始まり、877メートルの女体山と、871メートルの男体山と標高は低いが、日本の百名山に選ばれ、山頂周辺には七千本を超えるブナの林があり、幾多の動植物が生息している。

つくばエキスプレスの開通と周辺交通が整備され、訪れる観光客の増加は嬉しい半面、自然環境が破壊されないよう関係者は必死の努力と来訪者への自然保護の理解と協力を呼び掛けている。

 

CIMG2995.JPG

CIMG2997.JPG

 

 

 

 

 

 

 

CIMG3014.JPG CIMG2998.JPG