2010年3月アーカイブ

CIMG1393.JPGCIMG1390.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

花冷えの3月25日(木)とよさと市民ホールに於いて、県南地域シルバーリハビリ体操指導士協議会(会長:大久保勝弘)県南14市町村から400名に上る指導士が集い、県立健康プラザ大田先生はじめ、県保健福祉部青山予防課長、つくば市沖田保健福祉部長他14市町村から多数のご臨席を得て、盛会裏に開催できました。

体操ロボットたいぞうくんも大きく成長し、体操指導士400人の前で、大田先生指導のもと模範体操をやってくれました。シルバーリハビリ体操で、健康づくり、明るく元気に暮らせる生活を応援しよう、「超」高齢社会を自ら学び、社会に役立つことを自覚し、介護予防に努め、世代を超えた互助、共助の精神で官民一体となって乗り切る努力を認識し設立総会は終了いたしました。

シルバーリハビリ体操に関するお問い合わせは、県立健康プラザはじめ、お近くの市保健センター、社会福祉協議会へお尋ねください。

電話;健康プラザ:029-243-4217、http://www.hsc-i.jp, 

    つくば市いきいきプラザ;029-864-5089へ

CIMG1383.JPG CIMG1380.JPG  

CIMG0999.JPG 茨城県立健康プラザ(管理者)大田仁史博士が推進する、県民の健康のため特に高齢者の寝たきりをなくし、健康維持増進を目的に考案された《いつでも、どこでも、どんな姿勢でも、道具を使わない》 いきいきヘルス・いっぱつ体操普及のため、健康プラザで開催される所定の講習を受け、「シルバーリハビリ体操指導士」と県から認定された人がこのほど3000名を突破しました。

その内の県南地域在住の500名あまりが集い、3月25日とよさと市民ホールにて、「県南地域シルバーリハビリ体操指導士協議会」を、利根町や守谷市の体操指導士会等のご尽力により発足させる運びとなり、当日は大田博士初め、健康プラザの関係者や、つくば市高齢福祉部長、県南地区14市町村の関係各位も参列いただき、同協議会会長につくば市体操指導士会の大久保勝弘会長が就任、次のスローガンを掲げ活動展開を図っていく計画であります。 

○健康で長寿日本一の茨城を目指そう 

○明るく元気に暮らせる高齢化社会を作ろう 

○行政・各団体との連携を図り健康づくりを展開しよう 

○みんなで"いきいきヘルス・いっぱつ体操で"生活を応援しよう 

 ・・・・たいぞうくんも応援・・・・

このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年2月です。

次のアーカイブは2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja